2015年04月27日

疲れた人、重荷を負っている人へ

「すべて、疲れた人、重荷を負っている人は、わたしのもとに来なさい。
 わたしがあなたがたを休ませてあげよう。」(マタイ11:28〜30)

ここにキリスト教会の大きな存在意義があると、私は考えています。
うまくいかない時、困難に押しつぶされそうな時、キリストはその人
を教会に招いています。心の重荷を下ろして少し休む場所になること
を絶えず願っています。

一時でも胸の内を、心の重荷を誰かに打ち明けることが出来たなら、
たとえ困難自体は変わらなくとも、あなたは再び前に歩み出す力や、
困難に耐える力が出てくる様に思うのです。(……私の経験談です)

教会に興味がある方、話を聞いて欲しい方、どうぞお越し下さい。
当教会は、毎週日曜日の朝10時半から礼拝を行っていますが、
個人的に牧師と話をしたい方は、礼拝の時間以外で来られると
良いでしょう。教会は信徒だけの場所ではないのです。(信徒S)
ラベル:会津若松教会
posted by 信徒S at 23:23| 信徒のブログ(まじめ?) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする