2015年11月14日

すべての事には時がある

star-trails.jpg
(クリックすると写真が大きくなります。)

コヘレトの言葉(伝道の書)
第3章1節〜15節

天が下のすべての事には季節があり、
すべてのわざには時がある。
生るるに時があり、死ぬるに時があり、
植えるに時があり、植えたものを抜くに時があり、
殺すに時があり、いやすに時があり、
こわすに時があり、建てるに時があり、
泣くに時があり、笑うに時があり、
悲しむに時があり、踊るに時があり、
石を投げるに時があり、石を集めるに時があり、
抱くに時があり、抱くことをやめるに時があり、
捜すに時があり、失うに時があり、
保つに時があり、捨てるに時があり、
裂くに時があり、縫うに時があり、
黙るに時があり、語るに時があり、
愛するに時があり、憎むに時があり、
戦うに時があり、和らぐに時がある。
働く者はその労することにより、なんの益を得るか。

わたしは神が人の子らに与えて、ほねおらせられる
仕事を見た。

神のなされることは皆その時にかなって美しい。
神はまた人の心に永遠を思う思いを授けられた。
それでもなお、人は神のなされるわざを初めから
終りまで見きわめることはできない。

わたしは知っている。人にはその生きながらえてい
る間、楽しく愉快に過ごすよりほかに良い事はない。

またすべての人が食い飲みし、そのすべての労苦に
よって楽しみを得ることは神の賜物である。

わたしは知っている。すべて神がなさる事は永遠に
変ることがなく、これに加えることも、これから取
ることもできない。神がこのようにされるのは、
人々が神の前に恐れをもつようになるためである。

今あるものは、すでにあったものである。後にある
ものも、すでにあったものである。神は追いやられ
たものを尋ね求められる。

〜コメント〜
逆境の時、人は大変苦しみますが、今はそういう時
なのだと、聖書は数千年前から語りかけるのです。
(信徒S)
posted by 信徒S at 20:11| みことばのフォト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする