2016年06月28日

主のいつくしみは絶えることがなく

winter.jpg
(クリックすると写真が大きくなります。)

哀歌・3章17節〜36節

わが魂は平和を失い、わたしは幸福を忘れた。

そこでわたしは言った、「わが栄えはうせ去り、
わたしが主に望むところのものもうせ去った」と。

どうか、わが悩みと苦しみ、
にがよもぎと胆汁とを心に留めてください。

わが魂は絶えずこれを思って、
わがうちにうなだれる。

しかし、わたしはこの事を心に思い起す。
それゆえ、わたしは望みをいだく。

主のいつくしみは絶えることがなく、
そのあわれみは尽きることがない。

これは朝ごとに新しく、あなたの真実は大きい。

わが魂は言う、「主はわたしの受くべき分である、
それゆえ、わたしは彼を待ち望む」と。

主はおのれを待ち望む者と、
おのれを尋ね求める者にむかって恵みふかい。

主の救を静かに待ち望むことは、良いことである。

人が若い時にくびきを負うことは、良いことである。

主がこれを負わせられるとき、
ひとりすわって黙しているがよい。

口をちりにつけよ、
あるいはなお望みがあるであろう。

おのれを撃つ者にほおを向け、
満ち足りるまでに、はずかしめを受けよ。

主はとこしえにこのような人を
捨てられないからである。

彼は悩みを与えられるが、
そのいつくしみが豊かなので、
またあわれみをたれられる。

彼は心から人の子を
苦しめ悩ますことをされないからである。

地のすべての捕われ人を足の下に踏みにじり、

いと高き者の前に人の公義をまげ、

人の訴えをくつがえすことは、
主のよみせられないことである。

〜コメント〜
哀歌では、人は讃美だけでなく、絶望をも神に
捧げ得るのです。(信徒S)
posted by 信徒S at 23:04| みことばのフォト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月27日

就任式が無事に行われました

6/26(日)午後3時半より、会津若松教会にて、
八重樫 芙美惠伝道師の就任式が、東北教区議長
小西 望牧師より執り行われました。
当日はお忙しいところ、また遠方からも沢山の方
にお越し頂き、祝福を頂き本当に感謝です。

NEC_0538.JPG

NEC_0539.JPG
(会津若松教会員と伝道師への勧告が会衆の前で
 行われました。)

これからも八重樫先生ご夫妻の働きと、会津若松
教会の一人一人を覚えてお祈り下さい。この地に
建てられた諸教会が、会津各地にあって灯となり
ますよう切にお祈り致します。
posted by 信徒S at 23:11| 教会行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月11日

教会は神の家【4コマ漫画】

4koma3.jpg
(クリックすると画像が大きくなります。)

〜コメント〜
聖霊は、人の心に働きかけて、良き思いや働き
をさせる神の息吹とも言われます。正しいこと
を神に求め祈り、良心の声を感じる時、それは
聖霊の働きかもしれません。日曜日はぜひ教会
へどうぞ!(信徒S)
posted by 信徒S at 22:55| キリスト教?4コマ漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする