2016年09月25日

2016・野外礼拝ぶどう狩り

毎年恒例のぶどう園での野外礼拝とぶどう狩りを
行いました。

お天気にも恵まれ、楽しい礼拝となりました。今年
のぶどうはとても甘く、昼食の芋汁も美味しかった
です。

聖書に「私はまことのぶどうの木」とあり感謝です。
…松の木や杉の木だったら、食べられませんからね!

yagai2016.jpg
posted by 信徒S at 15:27| 教会行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月20日

あとの者は先になり、先の者はあとになる

grapes.jpg
(クリックすると写真が大きくなります。)

マタイによる福音書・第20章1節〜16節

天国は、ある家の主人が、自分のぶどう園に労働者を
雇うために、夜が明けると同時に、出かけて行くよう
なものである。

彼は労働者たちと、一日一デナリの約束をして、彼ら
をぶどう園に送った。

それから九時ごろに出て行って、他の人々が市場で何
もせずに立っているのを見た。

そして、その人たちに言った、『あなたがたも、ぶど
う園に行きなさい。相当な賃銀を払うから』。

そこで、彼らは出かけて行った。主人はまた、十二時
ごろと三時ごろとに出て行って、同じようにした。

五時ごろまた出て行くと、まだ立っている人々を見た
ので、彼らに言った、『なぜ、何もしないで、一日中
ここに立っていたのか』。

彼らが『だれもわたしたちを雇ってくれませんから』
と答えたので、その人々に言った、『あなたがたも、
ぶどう園に行きなさい』。

さて、夕方になって、ぶどう園の主人は管理人に言っ
た、『労働者たちを呼びなさい。そして、最後にきた
人々からはじめて順々に最初にきた人々にわたるよう
に、賃銀を払ってやりなさい』。

そこで、五時ごろに雇われた人々がきて、それぞれ一
デナリずつもらった。

ところが、最初の人々がきて、もっと多くもらえるだ
ろうと思っていたのに、彼らも一デナリずつもらった
だけであった。

もらったとき、家の主人にむかって不平をもらして

言った、『この最後の者たちは一時間しか働かなかっ
たのに、あなたは一日じゅう、労苦と暑さを辛抱した
わたしたちと同じ扱いをなさいました』。

そこで彼はそのひとりに答えて言った、『友よ、わた
しはあなたに対して不正をしてはいない。あなたはわ
たしと一デナリの約束をしたではないか。

自分の賃銀をもらって行きなさい。わたしは、この
最後の者にもあなたと同様に払ってやりたいのだ。

自分の物を自分がしたいようにするのは、当りまえで
はないか。それともわたしが気前よくしているので、
ねたましく思うのか』。

このように、あとの者は先になり、先の者はあとにな
るであろう」。

〜コメント〜
神の呼びかけが、いつ起こるかは人それぞれで
すが、呼びかけに応える時、同じ恵みが等しく
与えられるのです。

*解説*
紀元前20世紀という、遥か昔にアブラハムによって
神と契約を結んだユダヤ人よりも、後からイエスを
信じた異邦人の方が、同じ恵みに先に与るという、
たとえ話のようです。(信徒S)
posted by 信徒S at 21:04| みことばのフォト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月12日

研修施設「クレーラーハウス」ご案内

研修施設「クレーラーハウス」のご案内

House.jpg

 会津高田を拠点にして農村伝道に生涯を奉げられた
アーミン・クレーラー宣教師を記念して、旧宣教師館
が内装を整え、研修施設「クレーラーハウス」として、
東北教区の皆さまをはじめ全国の方々にお使いいただ
けるようになりました。研修会や保養などに、ぜひ、
ご活用ください。

※詳しくは、会津高田教会へお問い合わせ下さい。
農村地域にある諸教会の働きを覚え、お祈り下さい。

*************************************************************
「クレーラーハウス」
利用協力献金:一人300円/日
(10人以上でご利用は上限3000円)
【調度備品】
居間:応接セット、ダイニングテーブル、椅子4脚
厨房:シンク、オーブンレンジ、炊飯器、皿などの
   台所用品各種、コーヒーメーカー
風呂:洗濯機
寝室:4室(ダブル・2室、シングル・2室)
   ※ご宿泊の場合は一人1000円
場所:福島県大沼郡会津美里町字文珠東3651-1

〜ご予約・お問い合わせ先〜

日本キリスト教団・会津高田教会
クレーラーハウス主事 八木原 敬一 教師
住所:福島県大沼郡会津美里町法憧寺東甲3655-1
п蒜ax:0242-54-5909

※クレーラーハウスは、会津高田教会から
歩いてすぐです。


posted by 信徒S at 21:20| 地区の研修施設 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月04日

教会いつ行くの?【4コマ漫画】

4koma4.jpg

〜コメント〜
トルストイの小説『光あるうち光の中を歩め』の
タイトルは、 ヨハネによる福音書12章35節
「光がある間に歩いて、やみに追いつかれないよ
うにしなさい。」から付けられています。
…教会いつ行くの?今だべ!(会津弁・信徒S)
posted by 信徒S at 22:33| キリスト教?4コマ漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする