2016年11月27日

信仰は聞くことによる

m_belief.jpg
(クリックすると写真が大きくなります。)

ローマ人への手紙 10章1節〜17節

兄弟たちよ。わたしの心の願い、彼らのために神に
ささげる祈は、彼らが救われることである。

わたしは、彼らが神に対して熱心であることはあかし
するが、その熱心は深い知識によるものではない。

なぜなら、彼らは神の義を知らないで、自分の義を
立てようと努め、神の義に従わなかったからである。

キリストは、すべて信じる者に義を得させるために、
律法の終りとなられたのである。

モーセは、律法による義を行う人は、その義によって
生きる、と書いている。

しかし、信仰による義は、こう言っている、「あなた
は心のうちで、だれが天に上るであろうかと言うな」。
それは、キリストを引き降ろすことである。

また、「だれが底知れぬ所に下るであろうかと言うな」。
それは、キリストを死人の中から引き上げることである。

では、なんと言っているか。「言葉はあなたの近くに
ある。あなたの口にあり、心にある」。この言葉とは、
わたしたちが宣べ伝えている信仰の言葉である。

すなわち、自分の口で、イエスは主であると告白し、
自分の心で、神が死人の中からイエスをよみがえらせた
と信じるなら、あなたは救われる。

なぜなら、人は心に信じて義とされ、口で告白して救わ
れるからである。

聖書は、「すべて彼を信じる者は、失望に終ることがない」
と言っている。

ユダヤ人とギリシヤ人との差別はない。同一の主が万民の
主であって、彼を呼び求めるすべての人を豊かに恵んで下
さるからである。

なぜなら、「主の御名を呼び求める者は、すべて救われる」
とあるからである。

しかし、信じたことのない者を、どうして呼び求めること
があろうか。聞いたことのない者を、どうして信じること
があろうか。宣べ伝える者がいなくては、どうして聞くこ
とがあろうか。

つかわされなくては、どうして宣べ伝えることがあろうか。
「ああ、麗しいかな、良きおとずれを告げる者の足は」と
書いてあるとおりである。

しかし、すべての人が福音に聞き従ったのではない。
イザヤは、「主よ、だれがわたしたちから聞いたことを信
じましたか」と言っている。

したがって、信仰は聞くことによるのであり、聞くことは
キリストの言葉から来るのである。

〜コメント〜
人は行いではなく、信じて義とされ、救われることが、
プロテスタント信仰の核心です。コリント書でパウロは
どんな行いも愛なしには無に等しいと、告げるのです。
(信徒S)
posted by 信徒S at 17:44| みことばのフォト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月13日

シェマの祈り(申命記6章4〜9節)

children.jpg
(クリックすると写真が大きくなります。)

シェマの祈り(申命記6章4〜9節)

イスラエルよ聞け。われわれの神、主は唯一の主である。

あなたは心をつくし、精神をつくし、力をつくして、
あなたの神、主を愛さなければならない。

きょう、わたしがあなたに命じるこれらの言葉を
あなたの心に留め、

努めてこれをあなたの子らに教え、あなたが家に座して
いる時も、道を歩く時も、寝る時も、起きる時も、
これについて語らなければならない。

またあなたはこれをあなたの手につけてしるしとし、
あなたの目の間に置いて覚えとし、

またあなたの家の入口の柱と、あなたの門とに書き
しるさなければならない。

(参考)
マルコによる福音書12章28〜34節

ひとりの律法学者がきて、彼らが互に論じ合って
いるのを聞き、またイエスが巧みに答えられたのを
認めて、イエスに質問した、
「すべてのいましめの中で、どれが第一のものですか」。

イエスは答えられた、「第一のいましめはこれである、
『イスラエルよ、聞け。主なるわたしたちの神は、
ただひとりの主である。

心をつくし、精神をつくし、思いをつくし、力を
つくして、主なるあなたの神を愛せよ』。

第二はこれである、『自分を愛するようにあなたの
隣り人を愛せよ』。これより大事ないましめは、
ほかにない」。

そこで、この律法学者はイエスに言った、「先生、
仰せのとおりです、『神はひとりであって、その
ほかに神はない』と言われたのは、ほんとうです。

また『心をつくし、知恵をつくし、力をつくして神を
愛し、また自分を愛するように隣り人を愛する』という
ことは、すべての燔祭や犠牲よりも、はるかに大事な
ことです」。

イエスは、彼が適切な答をしたのを見て言われた、
「あなたは神の国から遠くない」。それから後は、
イエスにあえて問う者はなかった。

〜コメント〜
『シェマの祈り』はユダヤ教徒にとって最も大切な祈り
とされています。イエスもこれを第一とし、さらに隣人
を愛することが、信仰であると教えたのです。(信徒S)
posted by 信徒S at 21:20| 祈りと言葉のフォト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月05日

初めて礼拝に来られる方へ

聖書や讃美歌など、礼拝に必要な物はすべて教会に
あります。特に必要なものはありません。普段着の
ままでお越し下さい。(聖書は「新共同訳聖書」、
讃美歌は「讃美歌21」を使用。)

礼拝当日の受付で「初めて来た」旨お伝え下さい。
新来者カードに、書ける範囲内で結構です、名前等
の記入をお願いします。(行事の案内を送る際に用
いることがあります。)当教会は、強引な勧誘は行
っていません。どなたでも安心してお越し下さい。

礼拝は司会者の進行によって進められます。受付で
お渡しする週報に、その日に読む聖書箇所や讃美歌
の番号が書いてあります。礼拝中は私語や携帯電話
の使用はお控え下さい。(途中、急な用やトイレ等
で席を立つことは自由です。)

礼拝中に献金のカゴが回って来ますが、献金は強制
ではありません。辞退されても構いません。(献金
は教会の活動や会堂維持に充てられます。)

礼拝について、ご不明な点は受付者にお尋ね下さい。
また、礼拝に出席して分からないことや、聞きたい
ことがあれば、礼拝後や平日に牧師へお尋ね下さい。
当教会は木曜を面談日に、金曜の祈祷会(朝10時半
と夜7時半)に聖書やキリスト教を学ぶ機会を設けて
います。それ以外でもお気軽にお問い合わせ下さい。

礼拝はすべての人に開かれています。教会は信徒だけの
場所ではありません。
posted by 信徒S at 16:08| 初めて礼拝に来られる方へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする