2018年11月23日

わたしはぶどうの木、あなたがたはその枝である

grapes201811.jpg
(クリックすると写真が大きくなります)

ヨハネによる福音書・第15章1〜17節

わたしはまことのぶどうの木、わたしの父は
農夫である。

わたしにつながっている枝で実を結ばない
ものは、父がすべてこれをとりのぞき、実を
結ぶものは、もっと豊かに実らせるために、
手入れしてこれをきれいになさるのである。

あなたがたは、わたしが語った言葉によって
既にきよくされている。

わたしにつながっていなさい。そうすれば、
わたしはあなたがたとつながっていよう。
枝がぶどうの木につながっていなければ、
自分だけでは実を結ぶことができないように、
あなたがたもわたしにつながっていなければ
実を結ぶことができない。

わたしはぶどうの木、あなたがたはその枝
である。もし人がわたしにつながっており、
またわたしがその人とつながっておれば、
その人は実を豊かに結ぶようになる。わたし
から離れては、あなたがたは何一つできない
からである。

人がわたしにつながっていないならば、枝の
ように外に投げすてられて枯れる。人々は
それをかき集め、火に投げ入れて、焼いて
しまうのである。

あなたがたがわたしにつながっており、
わたしの言葉があなたがたにとどまっている
ならば、なんでも望むものを求めるがよい。
そうすれば、与えられるであろう。

あなたがたが実を豊かに結び、そしてわたし
の弟子となるならば、それによって、わたし
の父は栄光をお受けになるであろう。

父がわたしを愛されたように、わたしもあなた
がたを愛したのである。わたしの愛のうちに
いなさい。

もしわたしのいましめを守るならば、あなた
がたはわたしの愛のうちにおるのである。
それはわたしがわたしの父のいましめを守った
ので、その愛のうちにおるのと同じである。

わたしがこれらのことを話したのは、わたし
の喜びがあなたがたのうちにも宿るため、
また、あなたがたの喜びが満ちあふれるため
である。

わたしのいましめは、これである。わたしが
あなたがたを愛したように、あなたがたも互
に愛し合いなさい。

人がその友のために自分の命を捨てること、
これよりも大きな愛はない。

あなたがたにわたしが命じることを行うなら
ば、あなたがたはわたしの友である。

わたしはもう、あなたがたを僕とは呼ばない。
僕は主人のしていることを知らないからである。
わたしはあなたがたを友と呼んだ。わたしの父
から聞いたことを皆、あなたがたに知らせた
からである。

あなたがたがわたしを選んだのではない。
わたしがあなたがたを選んだのである。そして、
あなたがたを立てた。それは、あなたがたが
行って実をむすび、その実がいつまでも残る
ためであり、また、あなたがたがわたしの名に
よって父に求めるものはなんでも、父が与えて
下さるためである。

これらのことを命じるのは、あなたがたが互に
愛し合うためである。

〜コメント〜
聖書や信仰について、分からないことは、
正直よくあることです。ですが大切な
のは礼拝に出席したり、聖書を読んだり、
神様と「つながっている」ことではない
でしょうか。(信徒S)
ラベル:会津若松教会
posted by 信徒S at 20:21| みことばのフォト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月17日

わたしは雲の中に、にじを置く

rainbow201811.jpg
(クリックすると写真が大きくなります。)

創世記9章8〜17節

神はノアおよび共にいる子らに言われた、

「わたしはあなたがた及びあなたがたの後の
子孫と契約を立てる。

またあなたがたと共にいるすべての生き物、
あなたがたと共にいる鳥、家畜、地のすべて
の獣、すなわち、すべて箱舟から出たものは、
地のすべての獣にいたるまで、わたしはそれ
と契約を立てよう。

わたしがあなたがたと立てるこの契約により、
すべて肉なる者は、もはや洪水によって滅ぼ
されることはなく、また地を滅ぼす洪水は、
再び起らないであろう」。

さらに神は言われた、「これはわたしと、
あなたがた及びあなたがたと共にいるすべて
の生き物との間に代々かぎりなく、わたしが
立てる契約のしるしである。

すなわち、わたしは雲の中に、にじを置く。
これがわたしと地との間の契約のしるしとなる。

わたしが雲を地の上に起すとき、にじは雲の
中に現れる。

こうして、わたしは、わたしとあなたがた、
及びすべて肉なるあらゆる生き物との間に立
てた契約を思いおこすゆえ、水はふたたび、
すべて肉なる者を滅ぼす洪水とはならない。

にじが雲の中に現れるとき、わたしはこれを
見て、神が地上にあるすべて肉なるあらゆる
生き物との間に立てた永遠の契約を思いおこす
であろう」。

そして神はノアに言われた、「これがわたし
と地にあるすべて肉なるものとの間に、わたし
が立てた契約のしるしである」。

〜コメント〜
雨上がりの虹を見ると、なぜか嬉しい気持
ちになりますね有名なノアの箱舟の後で
神が生き物すべてと交わした約束の虹です。
そこには神の愛が示されているように思う
のです。(信徒S)
ラベル:会津若松教会
posted by 信徒S at 23:11| みことばのフォト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月03日

「復活」【マティアス・グリューネヴァルト】1515年

Mathis_Gothart_1.jpg
(クリックすると画像が大きくなります。)

やや人間離れした?神々しいまでの復活のイエス
です。まるでトレーディングカードの図柄にも
なりそうな色彩と場面……最強です今でも十分
インパクトを与えるこの絵画が、500年前に描
かれたことにも驚かされます。

元は「イーゼンハイム祭壇画」という11枚の
パネルの1枚で、修道院にある病院内に飾られて
いたようです。他のパネルには磔にされるイエス
が、痛々しい無惨な姿で描かれています。

Mathis_Gothart_2.jpg

当時、病気に悩まされた人々も、十字架上で苦し
みを受けるイエスの姿に、自分自身を重ねて見て
いたのではないでしょうか。それだけに、死を
乗り越えて復活した神の圧倒的なパワーを、画家
は鮮やかに描いたように思うのです。(信徒S)

(参考)
マタイによる福音書・第28章

さて、安息日が終って、週の初めの日の明け方に、
マグダラのマリヤとほかのマリヤとが、墓を見に
きた。

すると、大きな地震が起った。それは主の使が
天から下って、そこにきて石をわきへころがし、
その上にすわったからである。

その姿はいなずまのように輝き、その衣は雪の
ように真白であった。

見張りをしていた人たちは、恐ろしさの余り震え
あがって、死人のようになった。

この御使は女たちにむかって言った、「恐れる
ことはない。あなたがたが十字架におかかりに
なったイエスを捜していることは、わたしに
わかっているが、

もうここにはおられない。かねて言われたとおり
に、よみがえられたのである。さあ、イエスが納
められていた場所をごらんなさい。

そして、急いで行って、弟子たちにこう伝えなさ
い、『イエスは死人の中からよみがえられた。
見よ、あなたがたより先にガリラヤへ行かれる。
そこでお会いできるであろう』。あなたがたに、
これだけ言っておく」。

そこで女たちは恐れながらも大喜びで、急いで墓
を立ち去り、弟子たちに知らせるために走って行
った。

すると、イエスは彼らに出会って、「平安あれ」
と言われたので、彼らは近寄りイエスのみ足を
いだいて拝した。

そのとき、イエスは彼らに言われた、「恐れる
ことはない。行って兄弟たちに、ガリラヤに行け、
そこでわたしに会えるであろう、と告げなさい」。

女たちが行っている間に、番人のうちのある人々
が都に帰って、いっさいの出来事を祭司長たちに
話した。

祭司長たちは長老たちと集まって協議をこらし、
兵卒たちにたくさんの金を与えて言った、

「『弟子たちが夜中にきて、われわれの寝ている
間に彼を盗んだ』と言え。

万一このことが総督の耳にはいっても、われわれ
が総督に説いて、あなたがたに迷惑が掛からない
ようにしよう」。

そこで、彼らは金を受け取って、教えられた
とおりにした。そしてこの話は、今日に至るまで
ユダヤ人の間にひろまっている。

さて、十一人の弟子たちはガリラヤに行って、
イエスが彼らに行くように命じられた山に登った。

そして、イエスに会って拝した。しかし、疑う者
もいた。

イエスは彼らに近づいてきて言われた、「わたしは、
天においても地においても、いっさいの権威を授け
られた。

それゆえに、あなたがたは行って、すべての国民を
弟子として、父と子と聖霊との名によって、彼らに
バプテスマを施し、

あなたがたに命じておいたいっさいのことを守る
ように教えよ。見よ、わたしは世の終りまで、
いつもあなたがたと共にいるのである」。
ラベル:会津若松教会
posted by 信徒S at 00:05| 楽しいキリスト教絵画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする