2019年04月27日

へびのように賢く、はとのように素直であれ

201904mikotoba.jpg
(クリックすると写真が大きくなります)

マタイによる福音書・10章16節

わたしがあなたがたをつかわすのは、
羊をおおかみの中に送るようなものである。
だから、へびのように賢く、はとのように
素直であれ。

〜コメント〜
この世には様々な悪があります。例えば
オレオレ詐欺のように人の優しさにつけ
こみ、お金を騙し取ったり、社会経験の
少ない若者に儲け話をして、高額な商品
を借金をさせて購入させるなど、相手を
信じこませて利用しようとする悪です。

聖書の創世記では、アダムとイブは悪意
を持ったヘビに騙されて、エデンの園を
追放されてしまいます。私たちも何が
「悪」であるのか、ヘビのように十分に
知った上で、ハトのように「善」に対し
て素直に行動する必要があるのではない
でしょうか。(信徒S)
ラベル:会津若松教会
posted by 信徒S at 21:57| みことばのフォト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月21日

2019年イースター礼拝

イースターおめでとうございます
会津若松教会ではイースター礼拝後に永眠者を
覚えて、献花を行いました。
DSC_0514.JPG
(祭壇へ献花の様子です)
礼拝ではハンドベルによる演奏も行われ、復活
をベル高らかに?祝いました。
IMG_0235.jpg
祝会の食事です。恒例の卵を使ったご馳走が並
びました沢山の人と久しぶりに賑やかな食卓
を囲むことが出来て感謝です。(信徒S)
IMG_7411.jpg
ラベル:会津若松教会
posted by 信徒S at 10:30| 教会行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月19日

神も仏もいない?

学生時代のこと、珍しく先輩にお茶に誘われて
行ってみると、何と宗教の勧誘でした…… 
当時はまだ健全な無神論者?だった私は、ある
質問を先輩にしました。

「神や仏がいるなら、なぜ広島、長崎の原爆を
許したのか、なぜアウシュビッツの虐殺を止め
なかったのか。この世には神も仏もいないので
は?」

それについて、先輩からはっきりとした答えは
なく、二度とお茶に誘われることもありません
でした……(それから数年後、クリスチャンに
なった私にその時の質問がブーメランのように
戻って来るとは思いもしませんでしたが。

この世に人を愛する神がいるのなら、なぜ不幸
や不条理が見られるのか。聖書には様々な理由
やエピソードが記されていますが、万人が納得
するような答えはないように思います。
聖書では、起こってしまった不幸や不条理から、
人はどう救われるのか、どんな償いがされるの
か、トラブルの解明よりも、回復を強調してい
るように見受けられます。

無神論者であった当時、個人的に思ったのは、
例えば戦火の中で生まれる命や、重い病気を持
って生まれる命、多くの人の願いや信仰者の祈
りにも関らず、失われる命があり、これが現実
だという感覚です。

一方で、そうした不条理の一生を終えた後に、
来世のような場所があり、償いを受けることが
なければ、あまりにも不公平ではないか?逆に、
悪に加担してこの世の春を謳歌した人は、死後
そのことを猛烈に悔いて、償うのでなければ、
死んで行った人々が浮かばれないのではないか、
……そんな気持ちも持っていました。

キリスト教は、愛と赦しの宗教ですが、一方で
神はすべてを見ており、この世の悪をそのまま
にせず、最終的には神が人に代わってこの世の
悪を裁く*(解決する)という一面も持っていま
す。放蕩の限りを尽くして、行き詰まっている
ように見える現代社会でも、神に信頼して歩む
人生と、全く意識せずに歩む人生では、未来は
違って来るように思うのです。(信徒S)

〜参考〜
*キリスト教で有名な「毒麦の譬え」は、
衝撃的な譬え話ですが、一人一人の心の
中で起こる悪い思いは、最終的には取り
除かれ、良い性質だけが残ると読み解く
ことも出来るようです。

マタイによる福音書13章25〜30節

人々が眠っている間に敵がきて、麦の中に
毒麦をまいて立ち去った。

芽がはえ出て実を結ぶと、同時に毒麦も
あらわれてきた。

僕たちがきて、家の主人に言った、
『ご主人様、畑におまきになったのは、
良い種ではありませんでしたか。どうして
毒麦がはえてきたのですか』。

主人は言った、『それは敵のしわざだ』。
すると僕たちが言った『では行って、それを
抜き集めましょうか』。

彼は言った、『いや、毒麦を集めようと
して、麦も一緒に抜くかも知れない。

収穫まで、両方とも育つままにしておけ。
収穫の時になったら、刈る者に、まず毒麦を
集めて束にして焼き、麦の方は集めて倉に入
れてくれ、と言いつけよう』」。
ラベル:会津若松教会
posted by 信徒S at 23:36| 信徒のブログ(笑い!?) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月13日

だから今、それをやりとげなさい

jump2019.jpg
(クリックすると写真が大きくなります)

コリント人への第二の手紙8章11〜12節

だから今、それをやりとげなさい。
あなたがたが心から願っているように、
持っているところに応じて、
それをやりとげなさい。

もし心から願ってそうするなら、
持たないところによらず、
持っているところによって、
神に受けいれられるのである。

〜コメント〜
新しい年度のスタートを、上手くすごせず
に悩んでいる人もいるかもしれません。
あまり背伸びをせずに、今の自分に出来る
範囲内で、コツコツやって行きましょう
(信徒S)
ラベル:会津若松教会
posted by 信徒S at 23:12| みことばのフォト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月01日

牧師異動のお知らせ

4月から会津若松教会に福山裕紀子先生
が赴任され、八重樫先生ご夫妻は山形県
の鶴岡教会へ異動されました。今までの
働きに感謝致します。覚えて礼拝にお越
し下さい。

_crocus-4049282_1920.jpg

『人の心には多くの計画がある、
 しかしただ主の、み旨だけが堅く立つ。』箴言19:21

ラベル:会津若松教会
posted by 信徒S at 22:45| ひらめきお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする