2019年06月01日

人は外の顔かたちを見、主は心を見る

people201905.jpg
(クリックすると写真が大きくなります)

サムエル記上16章6〜13節

彼らがきた時、サムエルはエリアブを見て、
「自分の前にいるこの人こそ、主が油を
そそがれる人だ」と思った。

しかし主はサムエルに言われた、「顔かたち
や身のたけを見てはならない。わたしはすで
にその人を捨てた。わたしが見るところは人
とは異なる。人は外の顔かたちを見、主は心
を見る」。

そこでエッサイはアビナダブを呼んで
サムエルの前を通らせた。サムエルは言った、
「主が選ばれたのはこの人でもない」。

エッサイはシャンマを通らせたが、
サムエルは言った、「主が選ばれたのはこの
人でもない」。

エッサイは七人の子にサムエルの前を通らせ
たが、サムエルはエッサイに言った、「主が
選ばれたのはこの人たちではない」。

サムエルはエッサイに言った、「あなたの
むすこたちは皆ここにいますか」。彼は言った、
「まだ末の子が残っていますが羊を飼って
います」。サムエルはエッサイに言った、
「人をやって彼を連れてきなさい。彼がここ
に来るまで、われわれは食卓につきません」。

そこで人をやって彼をつれてきた。彼は血色の
よい、目のきれいな、姿の美しい人であった。
主は言われた、「立ってこれに油をそそげ。
これがその人である」。

サムエルは油の角をとって、その兄弟たちの
中で、彼に油をそそいだ。この日からのち、
主の霊は、はげしくダビデの上に臨んだ。
そしてサムエルは立ってラマへ行った。

〜コメント〜
預言者サムエルが神に命じられて、新しい
イスラエルの王(メシア)を見つける箇所
です。…人の目に見えない心を神は見て
いるのです。(信徒S)
ラベル:会津若松教会
posted by 信徒S at 21:26| みことばのフォト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする