2015年04月26日

慰めの共同体目指して

※2015年度の会津若松教会の主題は「慰めの共同体を
目指して」です。総会の日の説教要旨はこの主題を現して
います。(信徒S)

「慰めの共同体目指して」 伝道師 八重樫捷朗

コリントT 12章12−31節

教会は神の招きに応えて集められた人の群れ(共同体)
です。『キリストの体なる教会』というパウロの教会観
は有名です。

1つのキリストの命に生かされる教会は、1つの部分の
苦しみを共有する群れでなくてはいけません。1つが痛
んでいれば、皆で同じ気遣いをそこに注ぐ群れでなくて
はいけません。

あるいは逆に、1つの喜びを皆で分かち合う群れでなけ
ればならないのです。1つの命によって生かされている
とはそういうことであり、それがパウロが言わんとする
所です。

キリストの身体である教会共同体において、それぞれが
互いに配慮をし、とりなしをすること、常に心を開いて
いることが出来るような、相互に与え受け取ることが出
来る場所とは、どのような場所でしょうか。

パウロによると、このような場所は「キリストにおいて」
又は「キリストの身体」といった空間的範疇を用いて語
っています。「キリストにおいて」とは、新共同訳で
「キリストに結ばれて」と表現されているように、互い
に共に苦しむことも、共に喜ぶことにも心を開き続けて
いる空間のことです。

コリントT・12章26節に「1つの部分が苦しめば、
すべての部分が共に苦しみ、1つの部分が尊ばれれば、
すべての部分が共に喜ぶのです」とあるような空間、
共に喜び共に苦しむことで、喜びが倍加するような場所
が自由に開放されることです。

キリストの身体である教会共同体が、この互いに互いの
ために生きる空間を開いたままで保つには、キリストの
死と復活を共同で祝い、主の死を宣べ伝え、聖書の物語
を語り続けて行くことです。

愛を持って互いに仕え合う教会。そのような1つのキリ
ストの命の通う、互いが互いのことを同じ気遣いや配慮
を持ってキリストの命溢れる教会を建て上げたいと願い、
私たちは年間標語に定めたのです。
ラベル:会津若松教会
posted by 信徒S at 10:30| 説教要旨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする