2015年07月26日

2015年・研修会の様子

礼拝後、すぐに研修会が行われました。今年は聖餐
について学びました。
kensyu.JPG
(礼拝堂にて研修会の様子)

本日の説教(ヨハネによる福音書6章30-51節)で
八重樫先生から、聖餐は「命のパン」であることや、
キリストの十字架の死と復活を覚え、信仰を持って
聖餐に与ること、聖餐式で告げられる制定の言葉の
意味を改めてじっくりと聞くことが出来ました。
なので、その後の研修会でも活発な意見や思いが
出て、良い研修会になったと思います。

私自身、長年教会に通っていると聖餐に与ることや、
礼拝に出ることが、あたかも「当たり前」の権利や
義務?の様に感じてしまう時がありますが、当たり
前ではなく、それは、神の招きによる「大きな恵み」
と感謝したいと感じました。(信徒S)
posted by 信徒S at 21:04| 教会行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする