2015年08月31日

仕事に役立つ祈り(信徒S)

祈ることは、クリスチャンにとって、非常に好ましいこと
の1つです。休み明けの憂鬱な月曜の朝など、通勤時に祈
ることは精神衛生上、非常に効果的です。(笑)祈りとは、
平たく言えば「神への願い」です。クリスチャンはキリス
トへの信仰(信頼)に基づいて祈ります。

work1.jpg

キリスト教にとって最も有名な祈りは「主の祈り」です。
弟子に聞かれて、イエスが教えた完全な祈りだとされてい
ます。欧米の映画でも祈りのシーンなどでよく耳にします。
以下はその全文です。

主の祈り

天にまします我らの父よ。
願わくは御名(みな)をあがめさせたまえ。
御国(みくに)を来たらせたまえ。
みこころの天になるごとく、
地にもなさせたまえ。
我らの日用(にちよう)の糧(かて)を
今日も与えたまえ。
我らに罪を犯すものを我らが赦(ゆる)すごとく、
我らの罪をも赦したまえ。
我らを試(こころ)みに会わせず、
悪より救いだしたまえ。
国と力と栄えとは、
限りなく汝(なんじ)のものなればなり。

アーメン。

主の祈りの中で、私が特に仕事に役立つと思う部分は次の
3点です。

@『我らの日用(にちよう)の糧(かて)を
今日も与えたまえ。』

work2.jpg

働く者にとって、今日の仕事は今の暮らしや家庭を維持す
る上で欠かせない生活の糧です。祈ることで、多少、気が
乗らない朝でも、今日の仕事が与えられたこと(祈りが叶
ったこと)に感謝します。

A『我らに罪を犯すものを我らが赦(ゆる)すごとく、
我らの罪をも赦したまえ。』

work3.jpg

人から嫌なこと(罪)を受けた時、「私は相手を赦します。
だから、私のミスや相手を傷つける行為があれば、どうか
私を赦して下さい。」と祈れば、少しは他人の行為に寛容
になれるのではないでしょうか。逆に、自分がミスや失敗
した時に、「私を赦して下さい。私も他人の失敗を赦しま
すから。」と願うなら、完璧でない自分や他人を受け入れ
ることが出来るのではないでしょうか。

イエスは「やられたら、やり返す」世界から、「赦すから、
赦される」世界があることを教えています。人を裁けば、
人からも裁かれる、だから、赦すことはあなたのために
なると勧めています。

B『我らを試(こころ)みに会わせず、
悪より救いだしたまえ。』

work4.jpg

クリスチャンは、仕事でも「試練に遭わせず、悪い状況
から救って下さい」と堂々と祈ります。ただし、一方で
人生では試練に遭うことは「自然」なことと捉えています。
聖書には、「あなたは一生、苦しんで地から食物を取る」
(創世記3章17節)つまり一生苦しんで働くことが、自然
の定めとされています。それでもなお、神を頼って祈り
求める者の苦しみを、キリストは「理解するし、手助けす
るから、ぜひ祈りなさい」と勧めているように感じます。

このように主の祈りは、キリストが教えた神の理想を願う
ことで、様々な視点や意味(さらには与えられた恵み)を
人に気付かせてくれます。ストレスの多い今日、仕事の始
めと終わりに祈ることをお勧めします。

最後に、困難を受け止めて生きるニーバーの祈りを紹介し
ます。祈りにある「平静、勇気、知恵」は人生のあらゆる
困難への処世術と言えるのではないでしょうか。(信徒S)

God, grant me the serenity
to accept the things I cannot change,
courage to change the things I can,
and wisdom to know the difference
       (Reinhold Niebuhr)

神よ、私にお与え下さい。
変えることの出来ない物事を受け入れる平静を。
変えることの出来る物事を変える勇気を。
そして、その違いを知る知恵を。
(ラインホルド・ニーバー)

work5.jpg
(クリックすると写真が大きくなります。)
ラベル:会津若松教会
posted by 信徒S at 00:05| 右斜め上仕事に役立つ祈り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする