2016年01月29日

カトリックとプロテスタント

教会に来て間もない頃、カトリックとプロテスタン
トの違いを牧師に尋ねると、「カトリックがキリス
ト教の百貨店なら、プロテスタントは専門店のよう
なもの」と、キリスト教を全く知らなかった私にも、
分かるような言葉で教えてくれました。

プロテスタントは、カトリックという巨大な組織の
方針に抗議(プロテスト)した、一連の宗教改革に
よって誕生します。当時のカトリックには、お金を
教会に寄付すれば罪が赦され、救われるという仕組
み(免罪符)があり、これに対してルターは「人は
信仰によって救われる」と主張します。……救いは
お金ではなく、信仰によるとする主張は、今日でも
画期的なことだと思います。

また、ルターはラテン語で書かれていた聖書を母国
語に翻訳し、聖職者以外でも読めるようにしました。
このため、プロテスタントでは各自が聖書を読み、
信仰を大切にするようになったのです。

プロテスタントは、カトリックから派生しましたが、
「カトリックがファミレスなら、プロテスタントは
コーヒーショップのようなもの」かもしれません。
コーヒーショップが、コーヒーと独自のスタイルを
追及するように、プロテスタント教会は信仰を大切
にし、教会の歴史と集まる人々によって独自のスタ
イル(個性)を持っているように思います。皆さん、
コーヒーショップ、もとい、プロテスタント教会に
遠慮なくお越し下さい。(信徒S)

coffee.jpg

 会津地区の日本キリスト教団の教会はこちら
ラベル:会津若松教会
posted by 信徒S at 22:49| 信徒のブログ(まじめ?) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする