2016年12月26日

「キリストの変容」【ラファエロ・サンティ】1520年

Transfiguration_Raphael.jpg
(クリックすると画像が大きくなります。)

ルネサンスの三大巨匠の一人、ラファエロの作品。
人々の衣装がとてもカラフルで、楽しいですね!

山上で姿が白く変わったイエスと、その両脇には
イスラエルの歴史上の偉人であるモーセとエリアが
現れている聖書の場面です。右下の方には霊にとり
つかれた少年の姿も見えます。

ルネサンスの人間の自由な精神や宗教改革により、
ヨーロッパの近代が始まったとされています。絵
画でも、イエスだけでなく一人一人が個性的に描
かれています。(信徒S)

(参考)
ルカによる福音書9章28節〜43節

これらのことを話された後、八日ほどたってから、
イエスはペテロ、ヨハネ、ヤコブを連れて、祈る
ために山に登られた。

祈っておられる間に、み顔の様が変り、み衣が
まばゆいほどに白く輝いた。

すると見よ、ふたりの人がイエスと語り合っていた。
それはモーセとエリヤであったが、

栄光の中に現れて、イエスがエルサレムで遂げよう
とする最後のことについて話していたのである。

ペテロとその仲間の者たちとは熟睡していたが、
目をさますと、イエスの栄光の姿と、共に立って
いるふたりの人とを見た。

このふたりがイエスを離れ去ろうとしたとき、
ペテロは自分が何を言っているのかわからないで、
イエスに言った、「先生、わたしたちがここにいる
のは、すばらしいことです。それで、わたしたちは
小屋を三つ建てましょう。一つはあなたのために、
一つはモーセのために、一つはエリヤのために」。

彼がこう言っている間に、雲がわき起って彼らを
おおいはじめた。そしてその雲に囲まれたとき、
彼らは恐れた。

すると雲の中から声があった、「これはわたしの子、
わたしの選んだ者である。これに聞け」。

そして声が止んだとき、イエスがひとりだけに
なっておられた。弟子たちは沈黙を守って、自分
たちが見たことについては、そのころだれにも話
さなかった。

翌日、一同が山を降りて来ると、大ぜいの群衆が
イエスを出迎えた。

すると突然、ある人が群衆の中から大声をあげて言った、
「先生、お願いです。わたしのむすこを見てやって
ください。この子はわたしのひとりむすこですが、

霊が取りつきますと、彼は急に叫び出すのです。
それから、霊は彼をひきつけさせて、あわを吹かせ、
彼を弱り果てさせて、なかなか出て行かないのです。

それで、お弟子たちに、この霊を追い出してくださる
ように願いましたが、できませんでした」。

イエスは答えて言われた、「ああ、なんという不信仰
な、曲った時代であろう。いつまで、わたしはあなた
がたと一緒におられようか、またあなたがたに我慢が
できようか。あなたの子をここに連れてきなさい」。

ところが、その子がイエスのところに来る時にも、
悪霊が彼を引き倒して、引きつけさせた。イエスは
この汚れた霊をしかりつけ、その子供をいやして、
父親にお渡しになった。

人々はみな、神の偉大な力に非常に驚いた。
posted by 信徒S at 00:13| 楽しいキリスト教絵画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする