2017年07月03日

わが心はおごらず、わが目は高ぶらず

mom.jpg
(クリックすると写真が大きくなります。)

詩篇・第131篇

主よ、わが心はおごらず、わが目は高ぶらず、
わたしはわが力の及ばない大いなる事と
くすしきわざとに関係いたしません。

かえって、乳離れしたみどりごが、
その母のふところに安らかにあるように、
わたしはわが魂を静め、かつ安らかにしました。
わが魂は乳離れしたみどりごのように、安らかです。

イスラエルよ、今からとこしえに
主によって望みをいだけ。

〜コメント〜
自分の力ではどうにもならない事に心悩ませ、
神経をすり減らす時、自分の足元を見つめ、
主に委ねて歩もうと、詩人は呼びかけます。
(信徒S)
ラベル:会津若松教会
posted by 信徒S at 22:11| みことばのフォト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする