2018年09月27日

神の前で、神とともに、神なしに、生きる。【ボンヘッファー】

concentration-camp.jpg
(クリックすると写真が大きくなります)

ナチス・ドイツに抵抗して、ヒトラー暗殺計画に加
わり処刑された、20世紀を代表するプロテスタント
神学者ディートリッヒ・ボンヘッファーの言葉です。

彼の神学は非常にストイックな印象を受けますが、
世界大戦の只中で、妥協せずにキリスト者としての
生き方を貫き、殉教した為かと思われます。

二度に渡る世界大戦は、科学や文明が進めば、人は
より賢く、より幸せに近づくというヨーロッパ社会
の楽観的な予想を打ち砕きました。

彼の言葉は「機械仕掛けの神」(困った時に都合良
く現れ、助けてくれる神)がいなくても、それが正
しい道であれば、キリストが敢えて十字架の道を歩
んだように、人間を超えた運命の前にイエスと共に
歩もうと呼びかけたように思います。(信徒S)


*「朝の祈り」より抜粋

神よ、私は一日のはじめに
あなたに呼びかけます。
私を助けて、祈れるように、
そして私の思いをあなたに向かって
集められるようにして下さい。
私には、ひとりでそれができませんから。
私のうちは暗い。しかし、あなたのみもとには
光があります。
私はひとりぼっちです。しかしあなたは、
私をお見捨てになりません。
私は臆しています。しかし、あなたのみもとには
助けがあります。
私は動揺しています。しかし、あなたのみもとには
平安があります。
私の中にはにがい苦しみがありますが、
あなたのみもとには忍耐があります。
私にはあなたの道が理解できません。
しかしあなたは、私のための道をご存知です。

*『ボンヘッファー獄中書簡集』
ボンヘッファー著、E.ベートゲ編
村上 伸訳/新教出版社
ラベル:会津若松教会
posted by 信徒S at 21:01| 祈りと言葉のフォト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする