2019年01月23日

NEWあなたの名のために祈るならば【ソロモン王の祈り】

Church201901.jpg
(クリックすると写真が大きくなります)

あなたの名のために遠い国から来る異邦人が、
もしきて、この宮に向かって祈るならば、
あなたは、あなたのすみかである天で聞き、
すべて異邦人があなたに呼び求めることを
かなえさせてください。

『列王紀上8章41〜43節より』

〜コメント〜
ソロモン王は、民の長年の悲願であった
神殿(祈りの家)を建てた時に、異邦人
であっても求める者に恵みがあることを
祈っています。教会は今でもそれを受け
継いでいるのです。(信徒S)

(参考)
列王紀上8章22〜53節

ソロモンはイスラエルの全会衆の前で、
主の祭壇の前に立ち、手を天に伸べて、

言った、「イスラエルの神、主よ、上の
天にも、下の地にも、あなたのような神は
ありません。あなたは契約を守られ、心を
つくしてあなたの前に歩むあなたのしもべ
らに、いつくしみを施し、

あなたのしもべであるわたしの父ダビデに
約束されたことを守られました。あなたが
口をもって約束されたことを、手をもって
なし遂げられたことは、今日見るとおりで
あります。

それゆえ、イスラエルの神、主よ、あなた
のしもべであるわたしの父ダビデに、あな
たが約束して『おまえがわたしの前に歩ん
だように、おまえの子孫が、その道を慎ん
で、わたしの前に歩むならば、おまえには
イスラエルの位に座する人が、わたしの前
に欠けることはないであろう』と言われた
ことを、ダビデのために守ってください。

イスラエルの神よ、どうぞ、あなたの
しもべであるわたしの父ダビデに言われた
言葉を確認してください。

しかし神は、はたして地上に住まわれる
でしょうか。見よ、天も、いと高き天も
あなたをいれることはできません。まして
わたしの建てたこの宮はなおさらです。

しかしわが神、主よ、しもべの祈と願いを
顧みて、しもべがきょう、あなたの前に
ささげる叫びと祈をお聞きください。

あなたが『わたしの名をそこに置く』と言
われた所、すなわち、この宮に向かって夜
昼あなたの目をお開きください。しもべが
この所に向かって祈る祈をお聞きください。

しもべと、あなたの民イスラエルがこの所
に向かって祈る時に、その願いをお聞き
ください。あなたのすみかである天で聞き、
聞いておゆるしください。

もし人がその隣り人に対して罪を犯し、
誓いをすることを求められる時、来てこの
宮であなたの祭壇の前に誓うならば、

あなたは天で聞いて行い、あなたのしもべ
らをさばき、悪人を罰して、そのおこない
の報いをそのこうべに帰し、義人を義と
して、その義にしたがって、その人に報い
てください。

もしあなたの民イスラエルが、あなたに対
して罪を犯したために敵の前に敗れた時、
あなたに立ち返って、あなたの名をあがめ、
この宮であなたに祈り願うならば、

あなたは天にあって聞き、あなたの民
イスラエルの罪をゆるして、あなたが彼ら
の先祖に賜わった地に彼らを帰らせてくだ
さい。

もし彼らがあなたに罪を犯したために、
天が閉ざされて雨がなく、あなたが彼らを
苦しめられる時、彼らがこの所に向かって
祈り、あなたの名をあがめ、その罪を離れ
るならば、

あなたは天で聞き、あなたのしもべ、
あなたの民イスラエルの罪をゆるし、彼ら
に歩むべき良い道を教えて、あなたが、
あなたの民に嗣業として与えられた地に
雨を降らせてください。

もし国にききんがあるか、もしくは疫病、
立ち枯れ、腐り穂、いなご、青虫があるか、
もしくは敵のために町の中に攻め囲まれる
ことがあるか、どんな災害、どんな病気が
あっても、

もし、だれでも、あなたの民イスラエルが
みな、おのおのその心の悩みを知って、
この宮に向かい、手を伸べるならば、
どんな祈、どんな願いでも、

あなたは、あなたのすみかである天で聞いて
ゆるし、かつ行い、おのおのの人に、その心
を知っておられるゆえ、そのすべての道にし
たがって報いてください。ただ、あなただけ、
すべての人の心を知っておられるからです。

あなたが、われわれの先祖に賜わった地に、
彼らの生きながらえる日の間、常にあなた
を恐れさせてください。

またあなたの民イスラエルの者でなく、
あなたの名のために遠い国から来る異邦人が、

――それは彼らがあなたの大いなる名と、
強い手と、伸べた腕とについて聞き及ぶから
です、――もしきて、この宮に向かって祈る
ならば、

あなたは、あなたのすみかである天で聞き、
すべて異邦人があなたに呼び求めることを
かなえさせてください。そうすれば、地の
すべての民は、あなたの民イスラエルの
ように、あなたの名を知り、あなたを恐れ、
またわたしが建てたこの宮があなたの名に
よって呼ばれることを知るにいたるでしょう。

あなたの民が敵と戦うために、あなたが
つかわされる道を通って出て行くとき、
もし彼らがあなたの選ばれた町、わたしが
あなたの名のために建てた宮の方に向かって、
主に祈るならば、

あなたは天で、彼らの祈と願いを聞いて彼ら
をお助けください。

彼らがあなたに対して罪を犯すことがあって、
――人は罪を犯さない者はないのです、――
あなたが彼らを怒り、彼らを敵にわたし、
敵が彼らを捕虜として遠近にかかわらず、
敵の地に引いて行く時、

もし彼らが捕われていった地で、みずから省
みて悔い、自分を捕えていった者の地で、
あなたに願い、『われわれは罪を犯しました、
そむいて悪を行いました』と言い、

自分を捕えていった敵の地で、心をつくし、
精神をつくしてあなたに立ち返り、あなたが
彼らの先祖に与えられた地、あなたが選ばれ
た町、わたしがあなたの名のために建てた宮
の方に向かって、あなたに祈るならば、

あなたのすみかである天で、彼らの祈と願い
を聞いて、彼らを助け、

あなたの民が、あなたに対して犯した罪と、
あなたに対して行ったすべてのあやまちを
ゆるし、彼らを捕えていった者の前で、
彼らにあわれみを得させ、その人々が彼ら
をあわれむようにしてください。

(彼らはあなたがエジプトから、鉄の
かまどの中から導き出されたあなたの民、
あなたの嗣業であるからです)。

どうぞ、しもべの願いと、あなたの民
イスラエルの願いに、あなたの目を開き、
すべてあなたに呼び求める時、彼らの願い
をお聞きください。

あなたは彼らを地のすべての民のうちから
区別して、あなたの嗣業とされたからです。
主なる神よ、あなたがわれわれの先祖を
エジプトから導き出された時、モーセに
よって言われたとおりです」
ラベル:会津若松教会
posted by 信徒S at 20:55| 祈りと言葉のフォト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする