2017年04月08日

春は「マルコによる福音書」から?

入学や進級、卒業など新しい生活をスタート
させた方も多いかと思います。期待と不安が
大きな春。立ち止まっているよりも、何か新
しいことを始めるのに良い時かと思います。

「何を始めて良いか分からない。」という人
にお勧めなのが、何か1冊本を読むこと。出
来ればあまり分厚くない本が良いでしょう。
読み終えることが大切で、そこから行動する
ヒントがつかめるかもしれません。

もし聖書を読んでみようと考える人がいれば、
新約聖書にある「マルコによる福音書」は如
何でしょうか?4つの福音書の中で一番短く、
忙しくても読み終えることが出来ます。心に
響く言葉にも出会えることでしょう。

それに春はイースター(復活祭)があります。
福音書を読めば、世界中でお祝いされている
キリスト教最大の祝日、イースターの意味が
分かるのではないでしょうか。

「……福音書は読んだけど意味不明だった。」
そんな方は是非、教会へ足をお運び下さい!
会津若松教会でも、イースターエッグを配り、
愛餐会(食事会)でお祝いします。礼拝説教
を聞けば、復活というイースター最大の謎も
解けるかも?

イースターにはどなたでもお越し頂けます。
なぜなら、イースター(キリストの復活)は
あなたのためにも起こったのですから。共に
教会でお祝いしましょう!(信徒S)

cherry.jpg
「時は満ちた、神の国は近づいた。
    悔い改めて福音を信ぜよ」。マルコ 1:15
posted by 信徒S at 21:48| 信徒のブログ(まじめ?) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月20日

剣を打ち変えて鋤とする神(クレーラ宣教師を追悼して)

かつて会津地方にアメリカ人宣教師、アーミン・H・
クレーラ先生が様々な方面で働いておられました。
先生は太平洋戦争中、海軍に3年間所属し、その後、
アメリカとスイスで神学を勉強され、宣教師として
日本に来られました。博識で穏やかな人柄の先生に
大学から招聘の話もありましたが、先生はこれを断
り、会津の農村地域の伝道に半生を捧げたのでした。
(その後、隠退されハワイで療養されておりました
が、今年の7月31日天に召されました。94歳でした。)

聖書には「その剣を打ち変えて、鋤とし、その槍を
打ち変えて、鎌とし、国は国に向かって剣を上げず、
彼らはもはや戦いのことを学ばない」(イザヤ2-4)
とあります。これは神が本来人間に望むのは、戦争
ではなく、平和に生きることではないでしょうか。
戦後、先生の歩みは戦争(剣)からキリスト教を宣
べ伝える平和(鋤)へと神が打ち変えた人生であっ
たように感じます。人間は互いに争い合い、傷付け
る為ではなく、互いに助け合い、愛する為に創られ
たとキリスト教では教えます。人間の様々な性質は、
神の愛に触れてこれを信じる時、本来あるべき姿へ
と変えられるように思うのです。先生の会津での働
きを覚え、ご冥福をお祈り致します。(信徒S)

cross.jpg
posted by 信徒S at 21:07| 信徒のブログ(まじめ?) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月12日

天国について(信徒S)

天国について、確信を持ってあると断言できなくても、
「あるんじゃないかな?」と漠然と信じている人は、
結構いるのではないでしょうか。その人に向かって、
「死んだら天国があるのに、なぜ苦労して地上を生き
るのか?」と聞くことは、意地悪でしょうか。これは
実は重要な問いかと思います。

rainbow.jpg

人は、先のことや死後どうなるかを、完全には分から
ないまま生きていますが、不確実だからこそ、天国は
信じるものだとも言えます。明らかな事柄であれば、
そもそも信じる必要はないからです。

人生では、分からないことや、疑いの余地がある時に、
考えないようにして生きるか、「こうではないか」と
想定して生きるか、2つの態度があるように思います。

聖書には、人が生きることには意味があり、死はすべ
ての終わりでないと、多くの言葉で語られています。
み言葉にふれ、人生の意味を問う時、実は神の側から
人は問われているのではないでしょうか。神があなた
を望み、あなたをこの世に創られたと*聖書は告げます。
人は誰でも、このことを自分の人生に想定することが
出来るのです。(信徒S)

------------------------------------------------------------------------
*参考箇所:詩篇・第139篇1節〜18節

主よ、あなたはわたしを探り、
わたしを知りつくされました。

あなたはわがすわるをも、立つをも知り、
遠くからわが思いをわきまえられます。

あなたはわが歩むをも、伏すをも探り出し、
わがもろもろの道をことごとく知っておられます。

わたしの舌に一言もないのに、
主よ、あなたはことごとくそれを知られます。

あなたは後から、前からわたしを囲み、
わたしの上にみ手をおかれます。

このような知識はあまりに不思議で、
わたしには思いも及びません。
これは高くて達することはできません。


わたしはどこへ行って、
あなたのみたまを離れましょうか。
わたしはどこへ行って、
あなたのみ前をのがれましょうか。

わたしが天にのぼっても、あなたはそこにおられます。
わたしが陰府に床を設けても、
あなたはそこにおられます。

わたしがあけぼのの翼をかって海のはてに住んでも、

あなたのみ手はその所でわたしを導き、
あなたの右のみ手はわたしをささえられます。

「やみはわたしをおおい、
わたしを囲む光は夜となれ」とわたしが言っても、

あなたには、やみも暗くはなく、
夜も昼のように輝きます。
あなたには、やみも光も異なることはありません。
あなたはわが内臓をつくり、
わが母の胎内でわたしを組み立てられました。

わたしはあなたをほめたたえます。
あなたは恐るべく、くすしき方だからです。
あなたのみわざはくすしく、
あなたは最もよくわたしを知っておられます。

わたしが隠れた所で造られ、
地の深い所でつづり合されたとき、
わたしの骨はあなたに隠れることがなかった。

あなたの目は、
まだできあがらないわたしのからだを見られた。
わたしのためにつくられたわがよわいの日の
まだ一日もなかったとき、
その日はことごとくあなたの書にしるされた。

神よ、あなたのもろもろのみ思いは、
なんとわたしに尊いことでしょう。
その全体はなんと広大なことでしょう。

わたしがこれを数えようとすれば、
その数は砂よりも多い。
わたしが目ざめるとき、
わたしはなおあなたと共にいます。
posted by 信徒S at 23:10| 信徒のブログ(まじめ?) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月06日

私たちは無力ではなく

震災後、たまたまカーラジオで聴いた話です。
ある人が、災害ボランティアに参加した時、
あまりの被害の大きさに『自分がやっている
ことは無意味ではないか』と無力感に襲われ
たそうです。それに対して、ラジオのパーソ
ナリティーは次のように答えました。
「私たちは無力ではなく、微力なのです。」

car.jpg

自然の脅威や大きな力の前に、人間一人の力
は弱く、無力に感じるかもしれません。です
が、全くの無意味ではない筈です。困難な中、
一人微笑むだけでも、周囲を勇気づけること
や、自分自身によい影響を与えることが出来
るのではないでしょうか。小さなことでも、
前向きな行動には意味があると思うのです。

クリスチャンにとって、信仰もまたこの世的
には微力かもしれません。ですが、人生を愛
や希望を持って歩む上で、大切なものです。
たとえ破壊的な力が及んでも、それでもなお、
神は愛して共にいて下さる――キリスト教の
歴史、特に殉教などは、そのことを伝えてい
るように感じます。多くの犠牲の上に、今が
あることを心に留めて、歩みたいと願います。
(信徒S)

poppy.jpg
posted by 信徒S at 22:53| 信徒のブログ(まじめ?) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月29日

カトリックとプロテスタント

教会に来て間もない頃、カトリックとプロテスタン
トの違いを牧師に尋ねると、「カトリックがキリス
ト教の百貨店なら、プロテスタントは専門店のよう
なもの」と、キリスト教を全く知らなかった私にも、
分かるような言葉で教えてくれました。

プロテスタントは、カトリックという巨大な組織の
方針に抗議(プロテスト)した、一連の宗教改革に
よって誕生します。当時のカトリックには、お金を
教会に寄付すれば罪が赦され、救われるという仕組
み(免罪符)があり、これに対してルターは「人は
信仰によって救われる」と主張します。……救いは
お金ではなく、信仰によるとする主張は、今日でも
画期的なことだと思います。

また、ルターはラテン語で書かれていた聖書を母国
語に翻訳し、聖職者以外でも読めるようにしました。
このため、プロテスタントでは各自が聖書を読み、
信仰を大切にするようになったのです。

プロテスタントは、カトリックから派生しましたが、
「カトリックがファミレスなら、プロテスタントは
コーヒーショップのようなもの」かもしれません。
コーヒーショップが、コーヒーと独自のスタイルを
追及するように、プロテスタント教会は信仰を大切
にし、教会の歴史と集まる人々によって独自のスタ
イル(個性)を持っているように思います。皆さん、
コーヒーショップ、もとい、プロテスタント教会に
遠慮なくお越し下さい。(信徒S)

coffee.jpg

 会津地区の日本キリスト教団の教会はこちら
posted by 信徒S at 22:49| 信徒のブログ(まじめ?) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月24日

山本覚馬と八重の生誕〜志ありて〜

鶴ヶ城に近い場所に、山本覚馬と新島(旧姓・山本)
八重の生誕の碑があります。碑には、会津戦争降伏
前夜に詠んだとされる八重の歌が刻まれています。

seitan.jpg
『明日の夜は 何国の誰か ながむらん
 なれし御城に 残す月かげ』(同志社にて建立)

碑は住宅地の中にある為、お車の方は、お城周辺の
駐車場に停めて、徒歩で行くのが良いでしょう。

会津藩の為に志を持って戦った山本兄妹は、その後、
故郷を遠く離れた京都でも、大きな活躍を見せます。
そして二人は、京都でキリスト教と深く出会って、
クリスチャンとなるのです。

昨年、会津若松教会を会場に「志ありて」という
朗読劇が行われました。京都に住む方が、山本覚馬
と八重の志ある生涯を語ることで、被災地を勇気づ
けたいと、各地で公演されました。

kokoro.jpg
(2014年、会津若松教会でのポスターです。)

会津出身の山本覚馬と八重の生涯を、京都の方が
『京ことば』で語り続けていることに、驚きと感謝
を覚えます。「志ありて」の朗読劇について詳しく
知りたい方は、ぜひ公式HPをご覧下さい。クリス
チャンになった山本兄妹については、教会へ聞いて
くなんしょ!(信徒S)

「志ありて」
公式ホームページのアドレス(以下クリックすると
移動します)
http://kokorozashiarite.web.fc2.com/
posted by 信徒S at 15:31| 信徒のブログ(まじめ?) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月02日

八重の信仰した基督教

同志社の創設者は新島 襄ですが、その妻である新島 八重(旧姓:
山本)は、会津出身であり、鶴ヶ城で銃を持って勇ましく戦った
ことが、2013年のNHK大河ドラマ「八重の桜」の放送で全国的に
有名になりました。

当時、戊辰戦争によって会津は深く傷付き、甚大な被害を受けました。
また、明治の世は、それまでの制度や価値観が急激に変化し、人々に
大きな変換を強いました。古い世が壊され、新しい世が創られる中で、
八重はキリスト教の教えに「破壊から再生を示す希望の光」を見つけ、
新しい生き方を始めたのではないでしょうか。

聖書には「絶望から希望へつながる再生の物語」が数多く記されてい
ます。あなたもキリスト教の精神に触れ、人生に良き影響が与えられ
ますよう願っています。(信徒S)
posted by 信徒S at 00:16| 信徒のブログ(まじめ?) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月27日

疲れた人、重荷を負っている人へ

「すべて、疲れた人、重荷を負っている人は、わたしのもとに来なさい。
 わたしがあなたがたを休ませてあげよう。」(マタイ11:28〜30)

ここにキリスト教会の大きな存在意義があると、私は考えています。
うまくいかない時、困難に押しつぶされそうな時、キリストはその人
を教会に招いています。心の重荷を下ろして少し休む場所になること
を絶えず願っています。

一時でも胸の内を、心の重荷を誰かに打ち明けることが出来たなら、
たとえ困難自体は変わらなくとも、あなたは再び前に歩み出す力や、
困難に耐える力が出てくる様に思うのです。(……私の経験談です)

教会に興味がある方、話を聞いて欲しい方、どうぞお越し下さい。
当教会は、毎週日曜日の朝10時半から礼拝を行っていますが、
個人的に牧師と話をしたい方は、礼拝の時間以外で来られると
良いでしょう。教会は信徒だけの場所ではないのです。(信徒S)
posted by 信徒S at 23:23| 信徒のブログ(まじめ?) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする