2017年09月09日

ボーカロイドは讃美の歌を歌うか?

『ボーカロイド』というソフトを知ってますか?
これを使えばコンピューター上で人工的に歌を
歌わせることが出来ます。特に『初音ミク』と
いうキャラクターの歌声(合成音声)は人気が
あり、動画サイトYouTubeでも多く見られます。

高校時代、音楽部で宗教曲(ミサ曲)を歌った
時のこと、あまり上手でなかったせいか、顧問
の先生が「やっぱりこういう曲は信仰心がない
と難しいのかも…」と嘆いていました。

ところがYouTubeで『初音ミク』の歌う讃美歌
を聴いた時、その楽曲に忠実な歌いぶりに感銘
を受け、敬虔さすら感じたのでした。

「初音ミクに信仰心があったのか?」と顧問の
先生に尋ねてみたかったのですが、いずれ人口
知能が『心』を持ち、さらに上手に歌う日が来
るかもしれませんね!(信徒S)

※ぜひYouTubeで『讃美歌、初音ミク』と検索
してお気に入りの讃美歌を探してみて下さい


讃美歌「あさかぜしずかにふきて」
ラベル:会津若松教会
posted by 信徒S at 22:43| 信徒のブログ(笑い!?) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月06日

それって宗教アレルギー?

大学に入学して、初めての新入生歓迎コンパの
席でのこと、自己紹介で同志社1年生の女子が
「学部は神学部です」と言った瞬間、「ゲッ!
宗教」との声が別学部の男子から上がったそう
です。…その男子も同志社(ミッションスクー
ル)の学生なので、実はキリスト教(宗教)に
関係しているのですが。

宗教と聞くと『何か怪しい』『近づくと危険』
と条件反射で感じる人もいるかと思いますが、
自分が極力宗教を避けていても宗教の方から近
づいて来るかもしれませんよね?そんな時に、
宗教上のトラブルを防ぐワクチン?を1つお知
らせしたいと思います。

medicine.jpg

それはズバリ「お金を払っても救い(解決)は
得られない」という心構えです!…宗教改革
者ルターは「人は信仰によってのみ義とされる
(救われる)」と説きました。免罪符を否定し
たルターは、お金で買えるアイテムやイベント
類を義(正しい)とせず、宗教を安易な「救い
の自動販売機」とはしませんでした。このこと
を覚え真剣に生きる意味を求める時、人は自分
らしく生きるのではないでしょうか。
(信徒S)
ラベル:会津若松教会
posted by 信徒S at 07:00| 信徒のブログ(笑い!?) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月17日

創立記念礼拝後はカレーを食す

創立記念礼拝後の食事(愛餐会)では、カレーを
食べるのが、会津若松教会の伝統だそうです。
これは、昭和39年に中橋先生(第7代牧師)の
前任教会である大阪の浪速教会から、レンガ大の
カレールーを大量に頂いたことが発端だそうです。

もともとはクリスマス用に送って頂いたカレーで
したが、すでに会津若松教会では、クリスマスに
お赤飯とお煮しめを食べる習わしだった為、それ
なら1月の創立記念で感謝して頂こうとなり、今
まで半世紀以上、続いているそうです。

__NEC_0521.jpg

…教会の和室でカレーを食べる…和洋印?折衷な
美味しく楽しい一時でした。
ラベル:会津若松教会
posted by 信徒S at 21:28| 信徒のブログ(笑い!?) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月14日

夢に見る学生時代

かつて、教会で最年長のクリスチャンの女性から
聞いた夢の話です。
「今でも学生時代の期末試験の夢を見て、起きて、
夢でよかったとほっとする」とのことでした。
……半世紀以上も前の学生時代の夢でした。

sleep_dog.jpg

私も英語が苦手でしたので、天に召される日まで
夢で悩まされるのかと、恐れおののいたものです。
……実は誰もが、大なり小なり心の傷や悩みを負っ
て生きているのではないでしょうか。

そんな過去や現在に傷つき、悩みの中にある人に
お勧めの聖書の言葉があります。

『わたしの目にはあなたは高価で尊い。
 わたしは あなたを愛している。』

(イザヤ書43章4節:聖書 新改訳c1970,1978,
2003新日本聖書刊行会)

人は愛され、価値ある存在だと感じて、初めて傷
付いた自分をも大切に思い、さらには人を愛する
ことが出来るのではないでしょうか。

コンプレックスやトラウマ、さらにはスネに傷を
持つ人間をも『高価』と見ることは、人にはなか
なか出来ないことです。ですが、そんなあなたも
神の目には高価で尊いのです!(信徒S)
ラベル:会津若松教会
posted by 信徒S at 22:39| 信徒のブログ(笑い!?) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月07日

アーメン様

かつて、会津地区にはアーミン・H・クレーラ宣教師が
会津高田町(現在:会津美里町)に住んでいました。

ある時、荷物が届いたそうです。そこには「会津高田町
アーメン様」とだけ書いてあったそうです。とても驚き、
そして笑ってしまったと著書の中で述べていました。
(会津農村伝道センター発行「一粒のからし種」より)

私はこれを読んで、アーメンと書いて送る方もすごい方
ですが、それを正しく届ける方のプロフェッショナルな
仕事にも感心しました。……何よりも宣教師が驚きのエピ
ソードを披露して下さった事で、アーメンを身近に感じる
様になりました。宣教師に感謝です。アーメン!(信徒S)
ラベル:会津若松教会
posted by 信徒S at 23:42| 信徒のブログ(笑い!?) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする