2015年07月26日

2015年・研修会の様子

礼拝後、すぐに研修会が行われました。今年は聖餐
について学びました。
kensyu.JPG
(礼拝堂にて研修会の様子)

本日の説教(ヨハネによる福音書6章30-51節)で
八重樫先生から、聖餐は「命のパン」であることや、
キリストの十字架の死と復活を覚え、信仰を持って
聖餐に与ること、聖餐式で告げられる制定の言葉の
意味を改めてじっくりと聞くことが出来ました。
なので、その後の研修会でも活発な意見や思いが
出て、良い研修会になったと思います。

私自身、長年教会に通っていると聖餐に与ることや、
礼拝に出ることが、あたかも「当たり前」の権利や
義務?の様に感じてしまう時がありますが、当たり
前ではなく、それは、神の招きによる「大きな恵み」
と感謝したいと感じました。(信徒S)
ラベル:会津若松教会
posted by 信徒S at 21:04| 教会行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月14日

2015年・墓前礼拝の様子

会津若松教会の墓地は、会津若松市内を見下ろす小田山
霊園にあります。礼拝後に移動し、永眠者を覚えて墓前
礼拝を行いました。
bozen01.JPG
(梅雨入り前の東北は、日中、真夏の暑さでした。)
bozen02.JPG
(『神は愛なり』その下には、
  詩篇23篇6節が書かれています。)
odayama.jpg
(すぐそばには小田山子どもの森が見えます。
 なぜかハートのマークになってました!愛ですね
ラベル:会津若松教会
posted by 信徒S at 12:10| 教会行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月31日

就任式の様子

八重樫伝道師の就任式が行われました。当日は
仙台、東京、さらに京都からも多くの方が就任
式の為にお越し下さいました。改めて感謝申し
上げます。

式では、日本基督教団東北教区の議長である
小西 望牧師より勧告があり、八重樫 捷朗
伝道師は会津若松教会の第15代目の教師に
正式に就任されました。

就任の辞.jpg
(就任の辞)
伝道師への勧告.jpg
(伝道師への勧告)

式の中で、八重樫伝道師が小さい頃からよく知って
いるソプラノ歌手の菅 英三子さん(現在・東京藝術
大学教授)が讃美歌を独唱され、とても素晴らしい
就任式だったと思います。
菅英三子さん讃美.jpg
(菅英三子さん讃美)

その後、集まった皆さんで集合写真を撮り、祝会が行わ
れました。人数が多かったので、長テーブルに飲み物や
食べ物を置き、それを囲むように茶話会を行いました。
祝会の様子.jpg
(祝会の様子)

多くの方の協力と奉仕と熱意によって集められ、盛大に
就任式が行われたことを深く感謝致します。

皆さんどうかこの良き日を覚えて、八重樫伝道師と会津
若松教会のこれからの歩みをお祈り下さい。
記念写真.jpg
(記念写真)
ラベル:会津若松教会
posted by 信徒S at 15:30| 教会行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月24日

ペンテコステ礼拝

本日のペンテコステ礼拝では、会津若松教会の前教師である、
山口 和憲牧師(現在、敬和学園高等学校・教務教師)が新潟
から来て下さり、説教と聖餐式を担当されました。
NEC_0458_copy.jpg

ペンテコステは、クリスマス、イースターと並ぶ教会の三大行
事です。キリストが天に昇った後、使徒達に聖霊が降りて来て
教会が始まった「教会の誕生日」とされています。

礼拝の中でハンドベルも1曲演奏されましたが、珍しく?皆さ
んからお褒めの言葉を頂きました。(^^♪)

FullSizeRender_copy.jpg

ペンテコステでは、赤い物を身に付けて来て下さいとお知らせ
しています。聖霊が「炎のような分かれた舌」の形で使徒の上
にとどまった事から、赤は聖霊を現す色とされているからです。
……赤い服を着たベルのメンバーに、いつも以上に聖霊の力が
与えられた?演奏だったのかもしれませんね。(信徒S)
ラベル:会津若松教会
posted by 信徒S at 10:30| 教会行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする