2017年08月19日

すべてのことに感謝

感謝の気持ちが大切なことは、誰もが認めるこ
でしょう。それを積極的に声に出して言うこと
が人間関係上も良いことは分かります。ですが、
心に反して常に「ありがとう!感謝!」と言い
続けるのも、ちょっと違う気がします。…感謝
の思いは、様々な良いことに心を向け、その恵
みに気付いた時に自ずと生まれるのではないで
しょうか。

treatment.jpg

忙しい暮らしをしていると、人は恵まれた状態
を当然のこと、「当たり前」と感じがちです。
そんな時はちょっと立ち止まって、もしも今の
暮らしが急に失われたら?と考えてみてはどう
でしょうか?

例えばお風呂のボイラーが壊れて、家のお風呂
に入れなくなったら?直るまで不便ですよね。
行きつけのコンビニが閉店したら?…私にとっ
ては明日から会社のランチをどうすれば良いか
途方に暮れてしまいます。

shopping.jpg

このように「当たり前」と感じる生活は、実は
秩序ある暮らしなのです。この日常が何らかの
アクシデントで失われる時、人は混沌に迷い込
むのです。

新共同訳の聖書(創世記1章2節)には『混沌』
に秩序を与えて世界が創られた話(天地創造)
が書かれています。…混沌の反対には秩序が
あり、感謝の反対には当然があるようです。

今夜、自宅のお風呂に入れる人は、そのことに
感謝しても良いかもしれません。何らかの事情
で家のお風呂に入れない人は、今まで入ること
が出来た時、わざわざ感謝していたでしょうか?

bath.jpg

このように日常の1つ1つ、例えば今日の食事、
今日、自分と普通に話をしてくれた隣人、一日
を終えて布団で横になって休めることetc…これ
ら1つ1つを「当然」ではなく「恵み」と捉え、
感謝するなら、究極的には秩序を与える働きで
ある神への感謝に通じるかと思うのです。
(信徒S)

すべての事について、感謝しなさい。これが、
キリスト・イエスにあって、神があなたがた
に求めておられることである。
  『テサロニケ人への第一の手紙5章18節』
ラベル:会津若松教会
posted by 信徒S at 22:47| 右斜め上すべてのことに感謝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする