2018年07月07日

生きづらさを生きる力〜自分自身を大切にする力〜

「最近、何だか上手くいかない、疲やすい…etc」忙し過ぎた
り、問題が続くと、本来の力が十分に発揮されないばかりか、
悪いことばかり心に浮かんで、余計に『生きづらさ』を感じ
がちです。そんな時に、誰か頼りになる人がいて問題を解決
してくれたら、非常にラッキーですね。でも、実際は自らで
問題に取り組み、乗り越えなければならないことの方が多い
ようです。

child201807.jpg

問題を解決する上で最も頼りになる存在、それは他でもない
『自分自身』です。例えば、お腹がすいた時、いくら隣の人
がお腹一杯食べても、自分の飢えは満たされません。自分が
食べて、初めて満たされます。当たり前のことですが、目の
前にある食事も私が口を開いて食べ、私の体が消化吸収しな
ければ、食事をとったことにはなりません。自分を満たすに
は、自分から行動することが必要なのです。

man201807.jpg

私たちは生まれて成長すると、実に多くのことを自分自身で
行うようになります。もちろん人は誰でも周りからの手助け
や働きかけがあって生きていますが、そもそも生きるとは、
生きづらいことを1つ1つ何とか過ごしたり、出来るように
なることだとも言えます。「楽しいことをご褒美に、今週も
きつい仕事や勉強を乗り切った!」そんな人もいるかと思い
ますが、あまり無理を続けると心身に不調が出てしまいます。

adventure201807.jpg

そうならない為に早めの対処を心がけましょう。バランスの
良い食事や十分な睡眠・休息をとる、趣味や娯楽で気分転換
を図る、親しい人とおしゃべりをする、信頼出来る人に相談
するなど、日頃から心身をケアすることが大切です。また、
今の環境から離れる、苦手な人と距離を置く、自分が良いと
思える点を意図的に探す、必要な知識を集めるなど、やり方
を変えることで事態が好転することもあります。特に意識的
に良い言葉を使えば周りからの協力が得やすくなります。
「ありがとう」(感謝)「すみません」(謝罪)「はい、分
かりました」(肯定)という素直な言葉は、自分自身を前向
きにさせ、周囲の調和にも繋がります。これらの努力も自分
自身を大切にすることの現れです。

hands201807.jpg

それでも落ち込みが激しい時は、心療内科などの医療機関へ
相談することをお勧めします。環境の変化や大きな出来事に
よるストレスで、心身に悪い影響が出ることは自然で正常な
反応です。季節性うつなど、季節の変化に影響を受けやすい
体質の方もいます。気になる症状がある方は専門の医療機関
で診て貰うと良いでしょう。早めの受診は結果的に早い回復
につながり、自分自身を大切にすることになるのです。

sunset201807.jpg

このように、生きづらさを生きる力は、あなた自身を大切に
すること、自分自身を愛することの中にあります。時には落
ち込み、自分を責めてしまいがちですが、それでもなお一層、
あなたは大切です。なぜなら、人はみな望まれてこの世に生
まれて来たからです。聖書には次のような言葉があります。
「例え親があなたを忘れても、私はあなたを決して忘れない」*
教会では多くの教えを説きますが、私たちは自分を超えた愛
の存在によって創られ、その愛に導かれ、その愛に応えよう
とする時、生きる力が生まれます。どうか、あなたを忘れな
い愛に心を留めて欲しいのです。(信徒S)

book201807.jpg

*「女がその乳のみ子を忘れて、その腹の子を、あわれまな
いようなことがあろうか。たとい彼らが忘れるようなことが
あっても、わたしは、あなたを忘れることはない。」
(イザヤ書49章15節)
ラベル:会津若松教会
posted by 信徒S at 22:40| 右斜め上生きづらさを生きる力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする