2019年12月27日

多く与えられた者からは多く求められる

australian-wood-ducks.jpg
(クリックすると写真が大きくなります)

ルカによる福音書12章36〜48節

主人が婚宴から帰ってきて戸をたたくとき、
すぐあけてあげようと待っている人のよう
にしていなさい。

主人が帰ってきたとき、目を覚している
のを見られる僕たちは、さいわいである。
よく言っておく。主人が帯をしめて僕たち
を食卓につかせ、進み寄って給仕をして
くれるであろう。

主人が夜中ごろ、あるいは夜明けごろに
帰ってきても、そうしているのを見られ
るなら、その人たちはさいわいである。

このことを、わきまえているがよい。
家の主人は、盗賊がいつごろ来るか
わかっているなら、自分の家に押し入
らせはしないであろう。

あなたがたも用意していなさい。思い
がけない時に人の子が来るからである」。

するとペテロが言った、「主よ、この譬
を話しておられるのはわたしたちのため
なのですか。それとも、みんなの者の
ためなのですか」。

そこで主が言われた、「主人が、召使
たちの上に立てて、時に応じて定めの
食事をそなえさせる忠実な思慮深い
家令は、いったいだれであろう。

主人が帰ってきたとき、そのように
つとめているのを見られる僕は、
さいわいである。

よく言っておくが、主人はその僕を立て
て自分の全財産を管理させるであろう。

しかし、もしその僕が、主人の帰りが
おそいと心の中で思い、男女の召使たち
を打ちたたき、そして食べたり、飲んだ
りして酔いはじめるならば、

その僕の主人は思いがけない日、気が
つかない時に帰って来るであろう。
そして、彼を厳罰に処して、不忠実な
ものたちと同じ目にあわせるであろう。

主人のこころを知っていながら、それに
従って用意もせず勤めもしなかった僕は、
多くむち打たれるであろう。

しかし、知らずに打たれるようなこと
をした者は、打たれ方が少ないだろう。
多く与えられた者からは多く求められ、
多く任せられた者からは更に多く要求
されるのである。

〜コメント〜
イエスの譬え話の大半は天国や神の国
を説いていると言われます。この世
で力を持つ人ほど、神の目には正しく
用いることが求められています。
(信徒S)
ラベル:会津若松教会
posted by 信徒S at 23:43| みことばのフォト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月24日

Xmas・キャンドルサービス

メリークリスマス
19時から会津若松教会にてクリスマスを祝う
キャンドルサービスが行われました。
ロウソクの炎を見ながら、クリスマスの讃美
歌を歌うと、今年もクリスマスを祝うことが
出来たことを、嬉しく思います。

DSC_0180.jpg

楽しいことや悲しいこと、いろいろあるなか、
それでもクリスマスの出来事は、希望の光が
世界に生まれた日だと感じます。

DSC_0177.jpg

『恐れるな。わたしは、民全体に与えられる
大きな喜びを告げる』(ルカ2.10)という天使
の言葉は、今を生きる私たち一人一人にも向
けられていると思うのです。(信徒S)



ラベル:会津若松教会
posted by 信徒S at 19:00| 教会行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月22日

2019年・クリスマス

会津若松教会でクリスマスが行われました。
礼拝に続き、クリスマスの祝会では食事を
共に囲みながら、楽しい一時を過ごすこと
が出来て感謝です。

2019xmas1.jpg
(クリスマス礼拝の様子)

2019xmas3.jpg
(祝会では手作りの食事が並びました

今年は会津地方でインフルエンザが流行し、
ハンドベルメンバーが相次いで感染、礼拝
の中で予定していたベル演奏が中止という
事態になりました。……一日も早い回復
をお祈り致します。

2019xmas2.jpg
(各教会から届いたクリスマスカード)

そんな中、祝会では様々な出し物が行われ、
クリスマスを教会で祝うことが出来ました。
様々な行事の続く年末年始が平和な日々で
ありますように。(信徒S)

2019xmas6.jpg
(今年も賜物?が披露されました
ラベル:会津若松教会
posted by 信徒S at 10:30| 教会行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月03日

天国で最も小さい者も、彼よりは大きい

girls20191203.jpg
(クリックすると写真が大きくなります)

マタイによる福音書11章7〜15節

彼らが帰ってしまうと、イエスはヨハネの
ことを群衆に語りはじめられた、
「あなたがたは、何を見に荒野に出てきた
のか。風に揺らぐ葦であるか。

では、何を見に出てきたのか。柔らかい
着物をまとった人か。柔らかい着物を
まとった人々なら、王の家にいる。

では、なんのために出てきたのか。預言者
を見るためか。そうだ、あなたがたに言う
が、預言者以上の者である。

『見よ、わたしは使をあなたの先につかわし、
あなたの前に、道を整えさせるであろう』
と書いてあるのは、この人のことである。

あなたがたによく言っておく。女の産んだ
者の中で、バプテスマのヨハネより大きい
人物は起らなかった。しかし、天国で最も
小さい者も、彼よりは大きい。

バプテスマのヨハネの時から今に至る
まで、天国は激しく襲われている。そして
激しく襲う者たちがそれを奪い取っている。

すべての預言者と律法とが預言したのは、
ヨハネの時までである。

そして、もしあなたがたが受けいれること
を望めば、この人こそは、きたるべきエリヤ
なのである。

耳のある者は聞くがよい。

〜コメント〜
この世的に優れた人でも、天国ではまだ
まだ上には上がいるようです(信徒S)
ラベル:会津若松教会
posted by 信徒S at 22:07| みことばのフォト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする