2020年05月17日

キリスト教とは、どういう宗教か

キリスト教は約2千年前、イエスという一人のユダヤ人
こそ、旧約聖書に記され、預言された神の御子・救い主
〈キリスト〉(*1)と信じる人々により、世界中に広まり
ました。

202005_church.jpg
(世界各地の教会で、祈りと讃美の礼拝が行われます。)

イエスが十字架上で父なる神に罪の赦しを叫んだこと(*2)
や、人々に神の国や神の教えをわけ隔てなく説いたこと
(*3)、数々の癒しや奇跡を示したこと(*4)は、すべて神の
愛の現れとクリスチャンは感じています。

202005_people.jpg
(クリスチャンは個人的な救いとして、救い主を受け
 入れます。)

聖書によれば、神はいつの日か愛と平和の世界を新た
に創り出すという約束をしています。(*5)……そうした
キリスト教の教えに反して、現実世界は未だに多くの
悲しみや苦しみ、愛のない出来事が見られます。です
が、そのような不完全な世界にこそ、神の救いの手は
差し伸べられているのではないでしょうか。(*6)

202005_la-pieta.jpg
(ミケランジェロのピエタ像。キリスト教はあらゆる
 面で世界中に影響を与え続けます。)

生まれた時代や社会により、私たちの歩む人生は大き
く異なります。時に過酷な人生を歩む時も神はすべて
ご存知で、一人一人と共にいて下さり、終わりの日に
は、その労に報いて下さることをクリスチャンは信じ
ています。(*7)

book_202005.jpg
(聖書は時代や社会を超えて、語りかけます。)

このように、キリスト教は明確な方向と目的を持って、
私たちを愛と赦しにより導く宗教です。聖書を拠所と
して、神に祈り、信頼して歩むことで、神の愛が豊か
に注がれますように、人々の平安を願っています。
(信徒S)

愛はいつまでも絶えることがない。しかし、
預言はすたれ、異言はやみ、知識はすたれる
であろう。〜Tコリント13:8〜


〜参考〜
(*1)イザ53:1-12、詩22
(*2)ルカ23:34
(*3)ヨハネ4:7-42
(*4)マタイ8:1-17、マルコ6:34-44
(*5)黙21:1-4
(*6)マルコ2:15-17、マタイ11:28-30
(*7)ルカ16:19-31、マタイ20:1-16
ラベル:会津若松教会
posted by 信徒S at 21:58| 右斜め上 キリスト教とは、どういう宗教か | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月04日

川礼拝?

新型コロナウィルスの影響で、教会でも公の礼拝
を中止したり、家庭で礼拝を守る人が増えている
かと思います。

近くの河川を散歩した時に、交読詩篇付き讃美歌
21を持って行きました。

_DSC_0297.jpg

周りに人はいませんでしたが、なるべく川の畔の
水音の大きな場所に立って、讃美歌や詩篇を声に
出せば、ストレス発散川(で)礼拝です。

_DSC_0293.jpg
(…恥ずかしい方は心の中で読むのもありです

詩篇が書かれ古代イスラエルは、それこそ周りは
強敵ばかりで、戦もあれば、疫病もあり、非常に
困難な時代でした。そんな中で人々は神に祈り、
勇気と励ましを受けていたかと思います。

どうか今もそれぞれの場所で、支えと励ましが
ありますように、切に祈ります。(信徒S)

_DSC_0289.jpg

<参考:詩篇・第91篇>

いと高き者のもとにある
隠れ場に住む人、全能者の陰にやどる人は

主に言うであろう、「わが避け所、わが城、
わが信頼しまつるわが神」と。

主はあなたをかりゅうどのわなと、
恐ろしい疫病から助け出されるからである。

主はその羽をもって、あなたをおおわれる。
あなたはその翼の下に避け所を得るであろう。
そのまことは大盾、また小盾である。

あなたは夜の恐ろしい物をも、
昼に飛んでくる矢をも恐れることはない。

また暗やみに歩きまわる疫病をも、
真昼に荒す滅びをも恐れることはない。

たとい千人はあなたのかたわらに倒れ、
万人はあなたの右に倒れても、
その災はあなたに近づくことはない。

あなたはただ、その目をもって見、
悪しき者の報いを見るだけである。

あなたは主を避け所とし、
いと高き者をすまいとしたので、

災はあなたに臨まず、
悩みはあなたの天幕に近づくことはない。

これは主があなたのために天使たちに命じて、
あなたの歩むすべての道で
あなたを守らせられるからである。

彼らはその手で、あなたをささえ、
石に足を打ちつけることのないようにする。

あなたはししと、まむしとを踏み、
若いししと、へびとを足の下に踏みにじるであろう。

彼はわたしを愛して離れないゆえに、
わたしは彼を助けよう。
彼はわが名を知るゆえに、わたしは彼を守る。

彼がわたしを呼ぶとき、わたしは彼に答える。
わたしは彼の悩みのときに、共にいて、
彼を救い、彼に光栄を与えよう。

わたしは長寿をもって彼を満ち足らせ、
わが救を彼に示すであろう。
ラベル:会津若松教会
posted by 信徒S at 20:28| 信徒のブログ(笑い!?) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする