2019年08月24日

NEW試錬を受けて苦しまれたからこそ

humanitarian-aid.jpg
(クリックすると写真が大きくなります)

主ご自身、試錬を受けて苦しまれたからこそ、
試錬の中にある者たちを助けることができる
のである。
〜ヘブル人への手紙2章18節〜

〜解説〜
イエスは旧約聖書に示された預言*の通り、
十字架に架かるという試練を受けて苦し
みましたが、人間を超越した神ではなく、
自らも人の苦しみや悲しみ、痛みを理解
し、それを共に担うことで、人を救いに
導く道を開いたと、聖書は教えています。

私達も試練や困難を通して、さまざまな
問題に気付き、同じような悩みの中にあ
る人の心を理解し、共に生きて行くこと
が出来るのではないでしょうか。
(信徒S)

<参考>
*イザヤ書53章

だれがわれわれの聞いたことを
信じ得たか。
主の腕は、だれにあらわれたか。

彼は主の前に若木のように、
かわいた土から出る根のように育った。
彼にはわれわれの見るべき姿がなく、
威厳もなく、
われわれの慕うべき美しさもない。

彼は侮られて人に捨てられ、
悲しみの人で、病を知っていた。
また顔をおおって忌みきらわれる者の
ように、彼は侮られた。
われわれも彼を尊ばなかった。

まことに彼はわれわれの病を負い、
われわれの悲しみをになった。
しかるに、われわれは思った、
彼は打たれ、神にたたかれ、
苦しめられたのだと。

しかし彼はわれわれのとがの
ために傷つけられ、
われわれの不義のために砕かれたのだ。
彼はみずから懲しめをうけて、
われわれに平安を与え、
その打たれた傷によって、
われわれはいやされたのだ。

われわれはみな羊のように迷って、
おのおの自分の道に向かって行った。
主はわれわれすべての者の不義を、
彼の上におかれた。

彼はしえたげられ、
苦しめられたけれども、
口を開かなかった。
ほふり場にひかれて行く小羊のように、
また毛を切る者の前に黙っている
羊のように、口を開かなかった。

彼は暴虐なさばきによって取り去られた。
その代の人のうち、
だれが思ったであろうか、
彼はわが民のとがのために打たれて、
生けるものの地から断たれたのだと。

彼は暴虐を行わず、
その口には偽りがなかったけれども、
その墓は悪しき者と共に設けられ、
その塚は悪をなす者と共にあった。

しかも彼を砕くことは主のみ旨であり、
主は彼を悩まされた。
彼が自分を、とがの供え物となすとき、
その子孫を見ることができ、
その命をながくすることができる。
かつ主のみ旨が彼の手によって栄える。

彼は自分の魂の苦しみにより光を
見て満足する。義なるわがしもべは
その知識によって、多くの人を義とし、
また彼らの不義を負う。

それゆえ、わたしは彼に大いなる者と
共に物を分かち取らせる。
彼は強い者と共に獲物を分かち取る。
これは彼が死にいたるまで、自分の魂を
そそぎだし、とがある者と共に
数えられたからである。
しかも彼は多くの人の罪を負い、
とがある者のためにとりなしをした。
ラベル:会津若松教会
posted by 信徒S at 20:51| みことばのフォト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする