2020年04月27日

恐れるな、わたしはあなたと共におる

blue202004.jpg
(クリックすると写真が大きくなります)

イザヤ書・第43章1〜7節

ヤコブよ、あなたを創造された主は
こう言われる。イスラエルよ、あなたを
造られた主はいまこう言われる、
「恐れるな、わたしはあなたをあがなった。
わたしはあなたの名を呼んだ、
あなたはわたしのものだ。

あなたが水の中を過ぎるとき、
わたしはあなたと共におる。
川の中を過ぎるとき、
水はあなたの上にあふれることがない。
あなたが火の中を行くとき、焼かれること
もなく、炎もあなたに燃えつくことがない。

わたしはあなたの神、主である、
イスラエルの聖者、あなたの救主である。
わたしはエジプトを与えて
あなたのあがないしろとし、
エチオピヤとセバとをあなたの代りとする。

あなたはわが目に尊く、重んぜられるもの、
わたしはあなたを愛するがゆえに、
あなたの代りに人を与え、
あなたの命の代りに民を与える。

恐れるな、わたしはあなたと共におる。
わたしは、あなたの子孫を東からこさせ、
西からあなたを集める。

わたしは北にむかって『ゆるせ』と言い、
南にむかって『留めるな』と言う。
わが子らを遠くからこさせ、
わが娘らを地の果からこさせよ。

すべてわが名をもってとなえられる者を
こさせよ。わたしは彼らをわが栄光のために
創造し、これを造り、これを仕立てた」。

〜コメント〜
インマヌエル(神、我らと共にいます)と
いう意味のヘブライ語こそ、私たちを恐れ
から救う鍵なのです。(信徒S)
ラベル:会津若松教会
posted by 信徒S at 00:04| みことばのフォト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月11日

苦しんでいる者があるか。その人は、祈るがよい

morning202004.jpg
(クリックすると写真が大きくなります)

あなたがたの中に、苦しんでいる者があるか。
その人は、祈るがよい。喜んでいる者があるか。
その人は、さんびするがよい。

ヤコブの手紙5章13節

〜コメント〜
キリスト教では「幼子のようになりなさい」
と素直に祈ることを勧めていますが、祈りは
一言「導いて下さい」と神様にゆだねるだけ
でも良いと思うのです(信徒S)
ラベル:会津若松教会
posted by 信徒S at 23:57| みことばのフォト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月29日

しかし、最後まで耐え忍ぶ者は救われる

frangipani.jpg
(クリックすると写真が大きくなります)

しかし、最後まで耐え忍ぶ者は救われる。
そしてこの御国の福音は、すべての民に対して
あかしをするために、全世界に宣べ伝えられる
であろう。

マタイによる福音書24章13節より

〜コメント〜
大きな困難や苦しみ中でも、主よ、どうか、
一人一人が正しく歩み、耐え忍ぶ力を、お
与え下さい。(信徒S)
ラベル:会津若松教会
posted by 信徒S at 00:20| みことばのフォト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月01日

主よ、主よと言う者が、天国にはいるのではなく

cross2020.jpg
(クリックすると写真が大きくなります)

わたしにむかって『主よ、主よ』と言う者が、
みな天国にはいるのではなく、ただ、天に
いますわが父の御旨を行う者だけが、はいる
のである。

マタイによる福音書7章21節

〜コメント〜
イエスの言葉。クリスチャンであれば
天国に入るのではなく、人は誰でも、
生き方を問われているのです。
(信徒S)
ラベル:会津若松教会
posted by 信徒S at 00:27| みことばのフォト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月03日

火の後に静かな細い声

fire202002.jpg
(クリックすると写真が大きくなります)

旧約聖書 列王記上 19章11〜12節

主は言われた、「出て、山の上で主の前に、
立ちなさい」。その時主は通り過ぎられ、
主の前に大きな強い風が吹き、山を裂き、
岩を砕いた。しかし主は風の中におられな
かった。風の後に地震があったが、地震の
中にも主はおられなかった。

地震の後に火があったが、火の中にも主は
おられなかった。火の後に静かな細い声が
聞えた。

〜コメント〜
大きな出来事よりも、良心に訴える小さな
声の方が、真実に近いことがあります。
(信徒S)
ラベル:会津若松教会
posted by 信徒S at 22:54| みことばのフォト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月27日

多く与えられた者からは多く求められる

australian-wood-ducks.jpg
(クリックすると写真が大きくなります)

ルカによる福音書12章36〜48節

主人が婚宴から帰ってきて戸をたたくとき、
すぐあけてあげようと待っている人のよう
にしていなさい。

主人が帰ってきたとき、目を覚している
のを見られる僕たちは、さいわいである。
よく言っておく。主人が帯をしめて僕たち
を食卓につかせ、進み寄って給仕をして
くれるであろう。

主人が夜中ごろ、あるいは夜明けごろに
帰ってきても、そうしているのを見られ
るなら、その人たちはさいわいである。

このことを、わきまえているがよい。
家の主人は、盗賊がいつごろ来るか
わかっているなら、自分の家に押し入
らせはしないであろう。

あなたがたも用意していなさい。思い
がけない時に人の子が来るからである」。

するとペテロが言った、「主よ、この譬
を話しておられるのはわたしたちのため
なのですか。それとも、みんなの者の
ためなのですか」。

そこで主が言われた、「主人が、召使
たちの上に立てて、時に応じて定めの
食事をそなえさせる忠実な思慮深い
家令は、いったいだれであろう。

主人が帰ってきたとき、そのように
つとめているのを見られる僕は、
さいわいである。

よく言っておくが、主人はその僕を立て
て自分の全財産を管理させるであろう。

しかし、もしその僕が、主人の帰りが
おそいと心の中で思い、男女の召使たち
を打ちたたき、そして食べたり、飲んだ
りして酔いはじめるならば、

その僕の主人は思いがけない日、気が
つかない時に帰って来るであろう。
そして、彼を厳罰に処して、不忠実な
ものたちと同じ目にあわせるであろう。

主人のこころを知っていながら、それに
従って用意もせず勤めもしなかった僕は、
多くむち打たれるであろう。

しかし、知らずに打たれるようなこと
をした者は、打たれ方が少ないだろう。
多く与えられた者からは多く求められ、
多く任せられた者からは更に多く要求
されるのである。

〜コメント〜
イエスの譬え話の大半は天国や神の国
を説いていると言われます。この世
で力を持つ人ほど、神の目には正しく
用いることが求められています。
(信徒S)
ラベル:会津若松教会
posted by 信徒S at 23:43| みことばのフォト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月03日

天国で最も小さい者も、彼よりは大きい

girls20191203.jpg
(クリックすると写真が大きくなります)

マタイによる福音書11章7〜15節

彼らが帰ってしまうと、イエスはヨハネの
ことを群衆に語りはじめられた、
「あなたがたは、何を見に荒野に出てきた
のか。風に揺らぐ葦であるか。

では、何を見に出てきたのか。柔らかい
着物をまとった人か。柔らかい着物を
まとった人々なら、王の家にいる。

では、なんのために出てきたのか。預言者
を見るためか。そうだ、あなたがたに言う
が、預言者以上の者である。

『見よ、わたしは使をあなたの先につかわし、
あなたの前に、道を整えさせるであろう』
と書いてあるのは、この人のことである。

あなたがたによく言っておく。女の産んだ
者の中で、バプテスマのヨハネより大きい
人物は起らなかった。しかし、天国で最も
小さい者も、彼よりは大きい。

バプテスマのヨハネの時から今に至る
まで、天国は激しく襲われている。そして
激しく襲う者たちがそれを奪い取っている。

すべての預言者と律法とが預言したのは、
ヨハネの時までである。

そして、もしあなたがたが受けいれること
を望めば、この人こそは、きたるべきエリヤ
なのである。

耳のある者は聞くがよい。

〜コメント〜
この世的に優れた人でも、天国ではまだ
まだ上には上がいるようです(信徒S)
ラベル:会津若松教会
posted by 信徒S at 22:07| みことばのフォト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月03日

順境の日には楽しめ、逆境の日には考えよ

bench201911.jpg
(クリックすると写真が大きくなります)

コヘレトの言葉7章14節

順境の日には楽しめ、逆境の日には考えよ。
神は人に将来どういう事があるかを、
知らせないために、彼とこれとを等しく
造られたのである。

〜コメント〜
上手くいかない時には、立ち止まって
考えることを、聖書は教えています
(信徒S)
ラベル:会津若松教会
posted by 信徒S at 22:34| みことばのフォト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月15日

あなたのみ言葉はわが足のともしび

foot20191015.jpg
(クリックすると写真が大きくなります)

詩篇・第119篇105〜112節

あなたのみ言葉はわが足のともしび、
わが道の光です。

わたしはあなたの正しいおきてを守ることを誓い、
かつこれを実行しました。

わたしはいたく苦しみました。
主よ、み言葉に従って、わたしを生かしてください。

主よ、わがさんびの供え物をうけて、
あなたのおきてを教えてください。

わたしのいのちは常に危険にさらされています。
しかし、わたしはあなたのおきてを忘れません。

悪しき者はわたしのためにわなを設けました。
しかし、わたしはあなたのさとしから迷い出ません。

あなたのあかしはとこしえにわが嗣業です。
まことに、そのあかしはわが心の喜びです。

わたしはあなたの定めを終りまで、
とこしえに守ろうと心を傾けます。

〜コメント〜
ヘブル語のアルファベット、22文字
を頭文字とする単語から始まる22の
詩の1つ。(信徒S)
ラベル:会津若松教会
posted by 信徒S at 23:12| みことばのフォト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月07日

見えるものにではなく、見えないものに目を注ぐ

boy-20191007.jpg
(クリックすると写真が大きくなります)

わたしたちは、
見えるものにではなく、
見えないものに目を注ぐ。
見えるものは一時的であり、
見えないものは永遠につづくのである。

コリント人への第二の手紙・4章18節

〜コメント〜
今、見えているものがすべてではなく、
むしろ見えていない世界の方に、真実
があると、聖書は教えています。
(信徒S)
ラベル:会津若松教会
posted by 信徒S at 21:07| みことばのフォト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする